サステナビリティオリックスは、事業活動を通じて社会に貢献するという考えのもと、
常に新しい価値を創造し、 社会から必要とされる存在であり続けることを目指しています。

オリックスのサステナビリティ

創業時よりオリックスは、事業活動を通じて新しい価値を提供し、社会に貢献することを基本としてきました。企業というのは利益を生むことが重要だと考えていますが、利益を生み出すことがすべてではありません。社会に新しい価値を提供し、社会に必要とされる存在となることが重要であり、その結果として利益を生み出すことが企業の持続的な成長を可能にすると考えています。
また、気候変動による⾃然環境の劇的な変化とそれらによる経済への影響、企業の社会的責任などの企業と社会との関係性の変化など、変化を続ける経済や社会、地球環境の中で企業が存続していくためには、「サステナビリティ」(持続可能性)を意識して経営に臨むことが企業活動の基本であると考えています。
オリックスは、こうした考えのもと、経済・社会・環境の変化がもたらすチャンスとリスクを的確に捉え、社会や ステークホルダーとともにグローバル社会の経済的発展や持続的成⻑に寄与し、またそれらを考慮した企業経営 を⾏うことを⽬指しています。

オリックスのサステナビリティ

社会に新たな価値を
創造し続ける

オリックスでは、事業活動を通じて社会に貢献することで持続的な成長を実現し、また、社会的な責任を果たしていきます。社会の課題やニーズに積極的に取り組み、オリックスならではの新しい価値を創造していきます。
そして、それを支えている大きな要因は「人」であり、オリックスにとっての財産です。社会の変化を捉え、臨機応変に対応できる知識と行動力、チャレンジ精神、そして多様な価値観を持つ人材を創出し、社会に対してイノベーションを提供していきます。

事業を通じた社会課題への貢献について

社員との関わり

持続的な成長を支える人材戦略

持続的な成長を支える
人材戦略

最も大切な財産は「人」です。国籍、年齢、性別、職歴問わず、多様な人材の、多様な価値観や専門性による「知の融合」を図り、新たな価値を生み出す「Keep Mixed」という考えのもと、社員それぞれの能力、専門性を最大限に生かせる職場づくりを目指しています。

社会/環境への取り組み

環境への取り組み

環境への取り組み

環境・エネルギー問題というグローバルに重要な課題に対して、積極的な事業活動・投資活動を通じて取り組むことが、オリックスならではの価値を社会に提供することに繋がると考えています。今後もグループの力を集結し、事業活動を通じた課題解決、そして社会への貢献に努めていきます。

人権への取り組み

人権への取り組み

企業の社会的責任は私たちが行うすべての事業活動に含まれると考えています。事業を展開するあらゆる国や地域において、すべての適用される法律を遵守し、世界人権宣言やビジネスと人権に関する指導原則を含む、国際的に認められた人権を尊重することをコミットします。

社会貢献活動

社会貢献活動

事業を通じた社会課題への貢献に加え、自然環境の保全、子どものための活動、地域貢献活動など、事業活動だけではカバーしきれない社会課題、環境課題に対して、さまざまな取り組みを行っています。

社会からの評価

社会からの評価

オリックスはESGの観点から高い評価をいただき、複数のESGインデックスの構成銘柄に組み入れられています。また女性活躍推進に優れた上場企業として「準なでしこ銘柄」に認定されています。その他、優れた技術能力や環境への取り組みについて、各方面から高い評価を得ています。

ガバナンス

コーポレート・ガバナンス

コーポレート・ガバナンス

オリックスは、経営の基本方針に沿った事業活動を適切に実行し、経営の公正性を確保するため、コーポレート・ガバナンス体制の強化を経営の重要事項の一つと考え、健全かつ透明性の高いコーポレート・ガバナンス体制を構築しています。

関連する情報を見る

ページの先頭へ

ページの先頭へ