賛同するイニシアチブ

賛同するイニシアチブ

オリックスグループまたはグループ会社で賛同しているイニシアチブは次の通りです。(2021年9月末現在)

名称 参加・加盟会社(参加・加盟年度)
国連グローバル・コンパクト オリックスグループ(2014)
PRI(責任投資原則) ロベコ(2011)
UNEP FI(国連環境計画・金融イニシアチブ) ロベコ、オリックス・アセットマネジメント(2020)
気候関連財務情報開示タスクフォース (TCFD) ロベコ、オリックス・アセットマネジメント(2019)、
オリックスグループ(2020)
21世紀金融行動原則 オリックス、オリックス銀行(2011)、
オリックス・アセットマネジメント(2019)
日本気候リーダーズ・パートナーシップ(JCLP) オリックスグループ(2014)
関西SDGsプラットフォーム オリックス・ファシリティーズ(2015)、オリックス野球クラブ、
オリックス、オリックス銀行(2019)
地方創生SDGs官民連携プラットフォーム オリックス・ファシリティーズ(2015)

国連グローバル・コンパクト

オリックスグループは、2014年7月、国連グローバル・コンパクトに参加しました。国連グローバル・コンパクトが提唱する「人権」「労働」「環境」「腐敗防止」の4分野10原則を支持し、各分野の活動に取り組んでいます。

関連リンク

気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)

オリックスは2020年10月に気候変動がもたらすリスクおよび機会の財務的影響を把握し、開示することを狙いとした提言である気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD:Task Force on Climate-related Financial Disclosures)に賛同しました。今後サステナビリティレポート等を通じて、TCFD最終報告書に基づく開示フレームワークに則った情報開示を行う予定です。

ページの先頭へ

ページの先頭へ