気候変動への対応とTCFDへの賛同

気候変動への対応とTCFDへの賛同

気候変動への対応は、グローバルでの取り組みが必要な重要課題の一つです。オリックスでも企業として取り組むべき課題と認識しており、2020年10月に気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD:Task Force on Climate-related Financial Disclosures)への賛同を表明しました。
TCFDは、G20の要請を受け、金融安定理事会(FSB)により、気候関連の情報開示および金融機関の対応をどのように行うかを検討するために設立されました。TCFDは2017年6月に最終報告書を公表し、企業などに対し、気候変動関連リスク、および機会に関して開示することを推奨しています。
オリックスでは、TCFD提言への対応は、中長期的な企業価値の向上に資するものであり、またTCFDへの取り組みを進めることは、当社のサステナビリティ推進基盤の確立にも有効であると考えています。
オリックスは、気候変動が当社のグローバルな事業展開において重要なリスクであり、また同時に機会でもあると捉えています。そのため、気候変動がもたらすリスクおよび機会の財務的な影響の把握と情報開示の拡充に取り組んでいくとともに、事業を通じた気候変動対応への貢献にも積極的に取り組んでいきます。

  • 各国の金融関連省庁および中央銀行からなり、国際金融に関する監督業務を行う機関

ページの先頭へ

ページの先頭へ