IT・デジタル化

既存の業務プロセスを捨てずにクラウド技術を導入するためには

イノベーションは、あらゆる企業、特に安定した大企業が成功し続けるために欠かせないものです。マッキンゼー社によれば、世界で最も革新的な上場企業50社は、自社の中心的価値としてイノベーションを挙げる割合が、他の企業の3倍も高くなっています。一方、…

M&A期間中がチャンス。円滑にDXを進める方法

企業は顧客により良いサービスを提供し、長期的な企業成長と社会の持続可能性を実現するため、業務プロセスの対応力を高めたいと考えています。そのなかで、現在多くの企業がM&A(合併・買収)によるデジタルトランスフォーメーション(DX)に注目しています…

3Dプリンターの活用でビジネスはどう変わる?

3Dプリントは、比較的新しい製造手法です。簡単に言えば、CADなどのデザインソフトウエアを利用して、製品や部品の正確な寸法を入力し、3Dプリンターにアップロードして実行ボタンを押すだけで、機器が指定通りの素材を用いて製品や部品を作ってくれます。小…

DXでよくある五つの課題とその克服方法

急速に進化する今日のデジタル環境において、企業は競合他社に先んじて、デジタル化の進む世界で存在感を保つために尽力していますが、同時に多くの課題に直面しています。デジタルトランスフォーメーション(DX)のプロセスでは、全てのビジネス分野のデジ…

サイバー攻撃に見舞われる中小企業、英国でかつてないほど増加

英国では、2022年の1年間で、中小企業の半数以上が何らかのサイバー攻撃を経験しているそうです。 ボーダフォン社が英国の中小企業経営者500人以上を対象とした調査では、被害を受けた企業の割合は2020年と比べて15%増加し、54%に達していたことが明らかに…

情報通信ネットワークの発展を40年近く支えるメーカーが挑む“コトづくり”と、それを支えるオリックス

2020年以降、社会の変化が加速し、ビジネス領域でのDXの重要性が叫ばれ、多くの企業が現在進行系で取り組みを進めている。そうした変革を支えるのが情報通信技術(ICT)だが、中でも高速かつ大容量の通信を可能にし、かつ低遅延を実現する通信規格の「5G」は…

ネットワーク技術にこそ“人と人とのつながり”を。顧客と直接つながるエンジニア集団がDX時代のITインフラ改革を支える

社会の各所でデジタル化、DXの必要性が語られ、多くの企業や組織が取り組みを進めている。働き方改革からサプライチェーンマネジメント、組織横断での情報交換、公的手続きの簡略化など、企業や行政、教育、医療機関まで、さまざまな分野で変革が進んでいる。

デジタル化のポイントはバックオフィス改革にアリ?今、改めて考える中小企業のデジタル化

新型コロナウイルスが浮き彫りにした日本企業のデジタル化の遅れ。従業員規模の大きい企業に比べると中小企業・小規模企業のデジタル化の取り組みは遅れているという調査結果も出ています。中小企業においてデジタル化が進まない理由として考えられる問題点…

なぜ、中小企業に会計の自動化が必要なのか?

マルチタスクは、多くの起業家が得意とするスキルです。ただ、資金管理はすぐに負担が重く感じられるかもしれません。簡単な財務記録のミスでさえも頭痛の種になりえます。そうした時に頼りになるのが公認会計士など会計のプロで、彼らは収支のバランスを取…

人手不足・脱炭素・省スペース化など、物流業界における課題解決の「今」が集結~「関西物流展 2022」に見る、オリックスグループの総合的な物流ソリューションとは~

私たちの生活を支える社会インフラとして、欠かせない存在である物流。EC市場の成長により宅配便のニーズが高まる一方、慢性的な人手不足への対応、脱炭素、省スペース化など、業界の課題は近年、高度・複雑化を増しており、それらの解決に頭を悩ます企業も…

データを駆使した「デジタル農業」が成功する理由 モノ・コトをデジタル化できない組織は危ない

「デラックス」だと思っていた人が多かったであろう「DX」という言葉で略される「デジタルトランスフォーメーション」ですが、最近ではさすがにそう思われることもなくなりました。

ページの先頭へ

ページの先頭へ