世界に類を見ないほど
多角的な事業
展開するオリックス。

一方、その多角さが故に、
「わかりにくい」と
言われることも。

ここでは、オリックスの
構造を紐解き、
その全貌を、
丁寧に解説していく。

構造を知ると、理解できる。
オリックスの全貌。

index

chapter01

オリックスが目指すもの

リースを起点に広がった
多角的な事業。
その事業範囲や
規模の大きさから、
世界に類を見ない
ユニークな企業
と称される。

1964年の設立以降、
「金融」「モノ」
取り扱う専門性を高め、
隣へ隣へと事業領域を広げ、
多角的な
事業ポートフォリオの
構築と
環境変化に応じた
絶え間ない事業の
見直しを行ってきた。

オリックスは創業以来、
事業活動を通じて
社会的課題の解決に貢献する
ことを
基本理念として、
新しい価値の創造に
挑戦し続けている。

そう、オリックスが
手がけるのは、
いきいきとした社会づくり。
その先に目指すのは、
企業や人々の活力や、サステナブルな
社会の実現
なのである。

そして、その背景にあるのは…

他にはないアンサーを

Noteほかにはないアンサーを。とは

時代や人が変わっても、オリックスグループに確実に受け継がれていくもの。
その一つが“どうしたらできるかを考える”姿勢。
お客さまのご要望にお応えするために、最後まで考え抜き、新しいこたえを生み出そうとする姿勢です。
この姿勢を「ほかにはないアンサーを。」という言葉に託し、
オリックスグループのブランドスローガンとしてすべてのお客さまに宣言しています。

完成形のない変化 オリックス独自のビジネスモデル

Noteオリックスの完成形のない変化について

お客さまの多様化するニーズや経済環境の変化に対応する中、
各事業の専門性を高めながら、自らを枠におさめることなく、
より良い社会になることを目指して新しいことに挑戦。

オリックスを理解するためのヒント

オリックスが企業活動を
通じて目指しているのは
企業や人々の活力」や
サステナブルな社会」である。
その実現のために、
時代の変化に合わせて、
挑戦し続けられることが、
オリックスの強みである。

chapter02

オリックスが向き合うこと

オリックスが目指すのは、
企業や人々の活力や、
サステナブルな社会の実現

具体的にそれらは
何を指すのか?
実際の活動から、
紐解いていきたい。

オリックスが向き合う社会課題とは。Theme01 再生可能エネルギー Theme 02 廃棄物の再資源化 Theme 03 地域との共創 Theme 04 中堅・中小企業 支援 Theme 05 環境性能の高いオフィス・住宅 Theme 06 環境負荷の少ない輸送 Theme 07 環境負荷の高い取り組みの縮小 Theme 08 社会を支える企業への投融資 Theme 09 業界をリードするサステナブル投資

地球上に存在する
さまざまな社会課題
向き合うオリックス。
社会のニーズに応じた
事業を運営することによって、
これらの解決に大きく寄与する。

そして、
ファイナンス目線
ビジネスを分析し、判断する力も、
オリックスの強みである。

中長期的な視野で
判断
するからこそ、
リスクをただ避けるのではなく、
取るべきリスクを取っていく。

さらに、

グループの強みを
生かした横連携。

多様な人材が部門や
グループ会社という
垣根を
越えて、常に横につながり、
専門性を持ち寄り協力して
新たな事業機会を創出。

そして、

機敏・柔軟・臨機応変
という企業風土。

世の中の変化を捉えて
チャンスに変えていくことが
求められる中、
機敏で、柔軟であること、
臨機応変であることは、
オリックスに
欠かせない要素である。

オリックスを理解するためのヒント

オリックスは、
社会の変化を的確に捉え、
絶えず社会の要請
応える事業を展開している。
その先見性は、
機敏・柔軟・臨機応変
という企業風土をはじめ、
グループとの横連携を生かした
シナジーによるものである。

chapter03

多角的な経営の強み

今、世界は日々大きく
変化し続けている。

働き方の多様化 デジタル化 産業構造変革

そう、この世はVUCAの時代。
だからこそ、多角的な経営
強みを発揮する。

Note

VUCAとは

VUCA:Volatility、Uncertainty、Complexity、Ambiguityの頭文字を並べたアクロニム。
先行きが不透明で、将来の予測が困難な状態を意味する。

社会・産業の変化

テクノロジーの急速な進展 脱炭素社会・サスティナビリティの浸透 健康意識の高まり Eコマースをはじめとする消費行動の変化 都市機能の見直し

近年の変化からも
読み取れる通り、
単一的な事業展開では、
不確実性の時代を渡り歩くことは
リスクであり、困難だ。

しかし、オリックスは
攻め続けることができる。

その
理由は

完成形のない変化 が生み出した 多角的な経営

VUCAの時代においても、
成長投資分野の見極め
リスクマネジメントを行い、
資本とポートフォリオを最適化

成長投資分野 ICT機器関連分野 生命保険分野 環境エネルギー分野 物流事業。リスクマネジメント 航空機リース コンセッション 不動産施設分野

流動性を確保し、成長に向けた新規投資を実行する。

original

独創性

プラス

x

∞:無限大

イコール

ORIX

その可能性と
フィールドは、
無限だ。

このコンテンツを見たあとは

recommendation