取締役会

取締役会は業務執行の決定のうち、法令、定款の定めるところにより執行役に委任することができない事項および取締役会規則に定める重要な事項にかかる業務執行の決定ならびに執行役等の業務執行の監督を行います。業務執行の決定については、主として、資本政策、資金政策、人事戦略の基本方針を踏まえた経営計画および内部統制システムの基本方針等について決定し、それらについて定期的にチェックする機能を果たしています。取締役会が決定するこれらの事項を除き、取締役会は業務執行の決定を代表執行役に委任し、意思決定と業務執行の効率化、迅速化を図っています。また、業務執行の監督については、取締役会は執行役および各委員会からその職務の執行状況について報告を受けるとともに、監督に必要な情報収集を行い、それらの情報を踏まえた業務執行の適切性について監督を行います。
取締役会は、社外取締役も含め、多様な知識や経験をもつ取締役で構成し、効果的・効率的な議論を妨げない適切な員数を維持する方針です。

スキルマトリクス

氏名 取締役の主なスキル・経験等
企業経営 グローバルビジネス 金融 事業投資 事業知見
井上 亮  
入江 修二  
松﨑 悟  
鈴木 喜輝  
スタン・コヤナギ    
ERM・法務
竹中 平蔵      
金融経済政策
マイケル・クスマノ        
ITテクノロジー
秋山 咲恵  〇  〇    
テクノロジー
渡辺 博史 〇   〇  
国際金融、税務
関根 愛子        
国際会計
程 近智 〇  〇     
ITテクノロジー
  • 各人に特に期待される項目を記載しています。
  • 各人の有するすべての知見や経験を表すものではありません。

取締役会実効性評価

毎年、取締役会事務局では、取締役に対してアンケートおよびインタビューを実施し、取締役会の実効性について分析、評価を行うことで、その運営等の改善に活用しています。
2021年3月期の取締役会の実効性評価の概要は次のとおりです。

評価プロセス

  • 取締役会事務局にて、取締役に対するアンケート(下記参照)を実施。
  • アンケートの結果に基づき、取締役会事務局が、個々の取締役へ直接インタビューを実施することで、アンケートのみでは把握しきれない意見や取締役会の運営等への要望を収集。
  • 取締役会事務局は、アンケートおよびインタビューの結果を取締役会へ報告。取締役会は、当該報告により提起された課題等へのアクションプランを策定。

スケジュール

  • 2021年6月アンケートの実施およびアンケートの結果を踏まえたインタビューの実施
  • 2021年8月: アンケートおよびインタビューの結果を取締役会へ報告、アクションプランの策定

アンケートの項目

  • ・取締役会の構成
  • ・取締役会の運営
  • ・取締役会等の議題
  • ・取締役会の議論の有効性
  • ・取締役会の支援体制

評価の結果

  • 取締役会の構成、取締役会の運営、取締役会等の議題、取締役会の議論の有効性、取締役会の支援体制において、当社の取締役会の実効性は確保されていることを確認しました。一方で、アンケートおよびインタビューにおいては「中長期戦略や今後の方向性」の議論を深めるために、自由な議論の場をより多く設定していくこと等、取締役会の活性化に向けた意見が多く寄せられました。

アクションプラン

上記評価の結果を踏まえ、取締役会において、実効性向上に向けた今後の方針を以下のとおり策定しました。

  • 取締役会で継続的に討議する重要テーマを設定し、活発にディスカッションを行い、経営の基本方針に関する議論を深める。
  • 各部門の概要や戦略を社外取締役に説明する機会を増やし、事業に対する社外取締役の理解をさらに深める。

ページの先頭へ

ページの先頭へ