自動運転

配達の最終工程「ラストワンマイル」を乗り越えるロボットたち

ロボットの外見はそれぞれ異なりますが、目的は同じです。ロボットを使って人の手を介さずに、顧客に荷物を届けること。つまり、効率性を向上させ、配送の最終工程にかかる人件費を削減することです。

もっと人の気持ちに寄り添うロボットに

ロボットは、ものづくり、サービス、介護・医療など、さまざまな分野で活躍しています。病院の受付などで、ロボットに対応してもらったことがある方も多いのではないでしょうか。腕の形をしたロボットが飲食店の店頭でコーヒーを入れたり、そばをゆでたりす…

居眠り運転や危険運転を検知する配車サービス動向

創立20周年を迎え、モスクワを拠点に活躍する大手テクノロジー企業、Yandex(ヤンデックス)。オンライン検索、音楽配信、電子メール、地図、ナビ、動画など、あらゆる分野に手を広げ、たびたび「ロシア版Google、Amazon、あるいはSpotify」と称されています…

世界初となる無人搬送車の量産が中国で本格化

(Bloomberg) --未来の配送の主役はドローンではなく無人搬送車になる可能性も。 中国のスタートアップ企業である新石器(ネオリックス)は5月24日、無人搬送車の量産を開始しました。無人搬送車の量産は自社が世界初だという同社ですが、取引先には、京東…

都市計画と自動運転車のコラボレーションの促進を目指すオープンソースコミュニティ

エクリプス財団はエクリプス開発コミュニティの管理者として活動する非営利団体ですが、本日(2019年5月13日)、自動運転車と新たな交通手段のモビリティプロジェクトを立ち上げました。「オープンモビリティ ワーキンググループ」と呼ばれるこのプロジェク…

ページの先頭へ

ページの先頭へ