ESGへの取組

ESG方針

私たちオリックス・アセットマネジメント株式会社は、本投資法人の資産運用に際し、本投資法人の運用理念である投資主価値の安定的成長には、ESG課題(環境(Environment)・社会(Social)・ガバナンス(Governance))を考慮したサステナブルな資産運用が重要と考え、これを実践するために「ESG方針」を制定します。

<基本姿勢>

1. 人権の尊重と労働慣行への対応

2. 気候変動への対応

3. 環境への配慮(生態系・生物多様性、廃棄物・水等資源への対応等)

4. ステークホルダーとの協働

5. お客さま(テナント・利用者)の健康と快適性の増進

6. 役職員への対応

7. リスク管理とコンプライアンス、公正な事業慣行への対応

8. ESG情報開示と可視化の推進

>ESG方針 別紙はこちら

EC21

オリックスでは、「21世紀におけるExcellent Company」を目指すために、企業行動憲章ともいうべき「EC21」を定めています。「EC21」では、「企業理念・経営方針・行動指針」を踏まえて「オリックスが目指す企業像」を明確化し、これを実践するための「企業行動規範」、「役職員行動規範」及び「役職員倫理規程」を定めています。さらに、役職員倫理規程に掲げられた8つの原則を具体的に説明するために「役職員行動指針」を定めています。

オリックス・アセットマネジメント株式会社もオリックスグループの一員として、これらを遵守しています。
https://www.orix.co.jp/grp/company/about/philosophy/ec21/

外部機関への参加

オリックスグループは、2014年7月、国連グローバル・コンパクトに参加しました。国連グローバル・コンパクトが提唱する「人権」「労働」「環境」「腐敗防止」の4分野10原則を支持し、各分野の活動に取り組んでいます。
https://www.orix.co.jp/grp/company/sustainability/concept/global_compact.html

オリックス・アセットマネジメント株式会社は、以下の機関への署名をしています。
・気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD、Task Force on Climate-related Financial Disclosures)
・責任投資原則(PRI)
・持続可能な社会の形成に向けた金融行動原則(通称:21世紀金融行動原則)
・気候変動イニシアティブ(Japan Climate Initiative : JCI)

人材戦略

オリックスグループ人材戦略

オリックス・アセットマネジメント株式会社は、オリックスグループの一員として、社員に対し、各種制度の充実や環境の整備に積極的に取り組んでいます。
「Keep Mixed」という考えのもと、社員それぞれの能力・専門性を最大限に生かします。

人材戦略の詳細につきましては、オリックス不動産投資法人発行のESGレポートをご参照ください。

オリックス不動産投資法人 ESGレポート

https://www.orixjreit.com/ja/feature/initiatives1.html?id=ini_01_06

オリックス統合報告書

https://www.orix.co.jp/grp/company/ir/library/annual_report/

オリックスサステナビリティレポート

https://www.orix.co.jp/grp/company/sustainability/sustainability_report/