SDGs

サステナ開示の国際的な新基準、炭素会計に取り組む意義とは?

2023年6月、国際サステナビリティ基準審議会(ISSB)は企業がサステナビリティ情報を開示する際の基準を発表。そのなかにはスコープ3の開示も含まれており、温室効果ガス(GHG)排出量を算定する炭素会計の導入は不可避となりつつある。本企画では、炭素会計…

中小企業がサステナビリティを推進するための五つのヒント

日本のみならず、米国においても、中小企業は経済的に大きな影響力を持っています。米国商工会議所によれば、中小企業は現在、国内の全企業の99.9%を占め、米国経済において重要な役割を果たしています。一方で、中小企業の経営者は、絶え間なく会社の財務…

ページの先頭へ

ページの先頭へ