トップメッセージ

取締役兼代表執行役社長・グループCEO 井上亮

オリックスグループは1964年の設立から58年を経て、投融資事業、生命保険、銀行、資産運用、不動産事業、環境エネルギー関連事業、自動車・船舶・航空機等のアセットファイナンス事業など多角的に事業を推進する企業群に成長いたしました。現在は、世界約30カ国・地域において約32,000人の役職員により事業を展開しております。 新型コロナウイルス感染症の影響で停滞した企業業績の回復を最優先課題と位置付けることに加え、既存ポートフォリオの刷新、新規事業への参入を本格化することが重要と考えております。

オリックスグループは、政府が推進する2050年カーボンニュートラルの方針およびESG関連の社会的要請に応えると同時に、グループの持続的成長を達成することが重要なテーマであると認識しております。オリックスは創業以来、「事業活動を通して社会的課題の解決に貢献する」ことを基本理念としてきました。ESGを視野に入れた中長期的な成長戦略および、その前提としての企業活動を深化させていくことで、社会に対して新しい価値を提供し続けます。

取締役兼代表執行役社長・グループCEO井上 亮

ページの先頭へ

ページの先頭へ