コンセッション

概要

コンセッションとは、空港や道路・上下水道などの公共施設について、施設の所有権を公的機関に残したまま、運営を民間事業者が担う事業形態です。日本政府は経済活性化と財政健全化に向けてコンセッションを推進しており、オリックスもこの分野に注力しています。

関西国際空港、大阪国際空港(伊丹空港)、神戸空港の運営

オリックスグループにおけるコンセッション事業の第 1 号は、関西国際空港および大阪国際空港(伊丹空港)の運営で、これは国内初の民間による本格的な空港運営事業となりました。また、2018年4月1日より神戸空港の運営も開始しました。
オリックスは金融や不動産に関する専門知識を持ち、さらにオリックス発祥の地である関西には豊富な事業経験と確固たる事業基盤を有しています。また、共同で事業を行う仏空港運営会社の VINCI Airports (ヴァンシ・エアポート)は、空港運営に関する専門知識や国際的な空港ネットワークを築いています。両社のノウハウを生かし、快適で利便性の高い、世界に誇れる空港運営を目指しています。

浜松市公共下水道終末処理場(西遠処理区)の運営

浜松市公共下水道終末処理場(西遠処理区)の運営事業は、上下水道分野におけるコンセッション方式の国内第1号案件として、2018年4月1日より開始されました。運営会社は、フランスのVeolia(ヴェオリア)の日本法人が中心となり設立した浜松ウォーターシンフォニー株式会社(HWS)で、オリックスもコンセッション事業におけるノウハウを生かして事業に参画しています。HWSの株主各社が有するノウハウを最大限に活用し、市民の皆さまに安全・安心な下水道サービスをご提供することを目指します。

02.jpg
関西国際空港
03.jpg
浜松市公共下水道終末処理場

関連する情報を見る

提供会社

  • オリックス

お問い合わせ・ご相談

お問い合わせ・ご相談はお気軽にご連絡ください。

オリックス株式会社(代表)

電話番号
03-3435-3000

受付時間 9:00~17:00(土・日・祝日を除く)

ページの先頭へ

ページの先頭へ