ニュースリリース

大阪・夢洲地区特定複合観光施設設置運営事業における
設置運営事業予定者の選定について

2021年09月28日

オリックス株式会社

 オリックス株式会社(本社:東京都港区、社長:井上 亮)は、本日、MGMリゾーツ・インターナショナル(本社:米国ネバダ州・ラスベガス、社長:Bill Hornbuckle、以下「MGM」)とともに中核企業として形成するコンソーシアムが、大阪府および大阪市が実施する大阪・夢洲地区特定複合観光施設設置運営事業(大阪IR)における事業者選定手続きにおいて、設置運営事業予定者に選定されましたので、お知らせします。

オリックスとMGMは、本事業を通して、関西地域、ひいては国の観光および経済の持続的成長に貢献していきたいと考えております。MGMとのパートナーシップのもと、事業実現に向けて今後のプロセスに尽力してまいります。

image210928_ORIXJ

提案概要の詳細は、大阪府のウェブサイトをご参照ください。
大阪・夢洲地区特定複合観光施設設置運営事業 設置運営事業予定者の選定について 新しいウィンドウで開きます。

お問い合わせ先

グループ広報・渉外部 金岡・林・前田 TEL:03-3435-3167
このリリースのPDF版を見る

2021年のニュースリリース一覧へ

ページの先頭へ

ページの先頭へ