ホーム > 事業・サービス紹介 > 環境エネルギーサービス > 資源・廃棄物ビジネス

資源・廃棄物ビジネス

オリックスグループの3R*1 と適正処理

リースやレンタルは、必要な機器を必要な期間だけ利用する手段として、リデュースにも寄与するサービスです。オリックスでは、年間約21万件のリース物件が契約期間の満了を迎え、約80%は再リースに、残りは終了となります。オリックス環境は独自の物流ネットワークを活用して全国各地からリース終了物件を回収し、リユース、リサイクルを推進しています*2。オリックスグループは、これらのノウハウとネットワークを生かし、廃棄物処理事業およびリサイクル事業を展開しています。

*1 リデュース(Reduce:廃棄物の発生抑制)、リユース(Reuse:再利用)、リサイクル(Recycle:再資源化)の3つのRの総称。
*2 2016年3月期のリース終了物件のリユース・リサイクル率は約97%。

廃棄物高度処理施設(ガス化改質炉)

埼玉県寄居町において、ゼロエミッション*施設を埼玉県とのPFI事業として運営しています。最先端の熱分解ガス化改質方式を採用しており、廃棄物を約2,000°Cで溶融し、完全に再資源化できることが最大の特長です。再資源化物質として、スラグやメタルなどを回収するほか、精製合成ガスを敷地内の発電施設で高効率発電の燃料として利用しています。ダイオキシンは、法令規制値の10分の1以下を自主規制値として定め、発生を極限まで抑制しています。処理能力は、民間施設として国内最大級の日量450トンで、工場や事業所から排出される産業廃棄物に加え、多くの自治体から家庭ごみなどの一般廃棄物の処理を任されています。

* 廃棄物を原材料などとして全て有効活用することで、不要な排出物を一切出さないこと。

廃棄物を溶融する高温反応炉

広域リサイクルシステム

不用物の回収やリユース、リサイクル、適正処理を、日本全国で複合的にサポートするネットワークを構築し、ご提供しています。処理会社の選定や配車手配、売却時の価格査定やコスト削減提案、適正処理に関する事務作業を一元管理し、全国均一のクオリティで回収、リサイクル、不適正処理の防止に努め、全国に拠点を構えるお客さまの不用物の処理をサポートします。
また、廃OA機器や機械類からは、金属系廃棄物中間処理施設(船橋工場)で培った金属資源価値の目利き力を生かして、有用な金属資源を回収し、金属リサイクルビジネスを展開しています。全国から回収した鉄や非鉄金属を素材として、再資源化市場へ提供する金属商社や金属加工業としての役割も担っています。

金属リサイクル処理

有用な金属資源を回収する金属リサイクルビジネス

千葉県船橋市と埼玉県春日部市で、OA機器・機械類などの金属系廃棄物を中心に取り扱う中間処理施設を運営し、回収、保管、一次加工、再生品(素材)化までを一貫して行っています。
手解体やプラント処理による選別機能で、品質の高い金属素材に選別するなど、より高度なリサイクル施設を目指しています。

プレス機

メタルクラッシャー

リングシュレッダー

お問い合わせ先

廃棄物高度処理施設(ガス化改質炉)に関するお問い合わせ

オリックス資源循環
  • 電話 03-5730-0163
    受付時間:9:00〜17:00(土・日・祝日を除く)
  • メール メールアドレス

広域リサイクルシステム、金属系廃棄物処理施設に関するお問い合わせ

オリックス環境
  • 電話 03-5730-0170
    受付時間:9:00〜17:00(土・日・祝日を除く)
  • メール メールアドレス

サービス提供グループ会社