日本初上陸!オリックス自動車で提供開始 AI搭載・通信型ドライブレコーダーナウト

米国自動車分野で注目のスタートアップ、Nauto社(*1)が開発した次世代ドライブレコーダー「ナウト」は、深層学習を使った人工知能技術(AI)を用いてわき見運転などの不注意運転を検知します。ドライバーに警告すると同時に映像を運行管理者に共有することで、交通事故の削減に貢献します(*2)
面倒なSDカードの交換や、膨大な走行映像の中から目視で危険運転の映像チェックが不要で、運行管理者の業務削減にも大きく寄与します。

主な特徴

AI技術でわき見を検知

米国シリコンバレー発の技術を搭載するナウトは、深層学習でドライバーの行動や危険状況を分析します。一般的なドライブレコーダーでは検出困難な「わき見・スマホ・居眠り」など、ドライバーの運転状況を把握し、リスクを分析します。

 

通信型で手間いらず

ナウトはフォーマットフリーの機能を搭載しています。
通常必要となるカードのフォーマットや定期的な交換は不要です。
SDカードを取り出すことがないので、紛失リスクもありません。

 

運転管理や指導が容易

顔認証でドライバーを特定するので、乗車前の車両予約は不要です。
また、『映像を活用したリスク評価』により、ドライバーの事故防止の意識を高めることができます。

レポート画像サンプル

 

一般的なドライブレコーダーとの違い

リスクの自動検出とクラウドへの保存で運用負担を大幅に軽減します。

一般的なドライブレコーダー ナウト
安全運転指導 映像データ取得 SDカード回収・個別にデータダウンロード カメラに搭載されたAIが危険運転・衝撃のみを抽出し、ウェブ画面に自動反映
危険運転抽出 映像を人が目視で確認し、危険運転を抽出(誤検出も多いため、人によるデータ振り分けが必要) AIにより道路の段差などの誤検出は自動排除される。人による映像の目視確認は不要
運転リスク分析 車両の挙動(センサーデータ)による運転の急制動の傾向を分析 急制動の傾向に加えて、AIが検知するわき見やあおり運転などのリスクを総合的に評価。急制動に至った原因(ドライバーの不安全行動など)の分析が可能
運行管理 操作性 ドライブレコーダーに様々な管理機能を付加した多機能商品の場合、大量のマニュアルを読む必要があり、管理者が使いこなすまでに時間がかかる シンプルで直感的に操作できるインターフェース。イベント動画の確認やレポートツール、走行履歴など分かりやすいアイコンをクリックするだけで簡単にチェックできる
運行履歴 ドライバーが事前に運行予約をすることで、ドライバーと車両の運行記録をドライバーに紐付ける 顔認識機能により、ドライバーと車両の運行履歴を自動で紐づける
 

ナウト 製品仕様

製品仕様
 

(*1) Nauto社の詳細はこちら
(*2) 米国の各都市において1000台以上の車両で6か月間の実証実験を行った結果、ナウトを導入した車両は、年間の事故発生率を-35.5%削減することが検証されました。

 
お電話によるお問い合わせ リスクコンサルティング部 0120-901-645 受付時間:平日9時〜17時
パソコンからのお問い合わせ スマートフォンからも可能です
資料ダウンロード お問い合わせ