ホーム > 事業・サービス紹介 > 環境エネルギーサービス > 発電(再生可能エネルギー)

発電(再生可能エネルギー)

太陽光やバイオマス、地熱、風力などの再生可能エネルギーの普及に貢献します。

メガソーラー

自治体や企業などが保有する全国の遊休地を賃借し、最大出力1,000kW(1MW)以上の大規模な太陽光発電所(メガソーラー)を建設し、運営しています。

枕崎市枕崎空港跡地第一発電所・第二発電所

太陽光発電システム販売

メーカーからの機器の直接仕入れや全国の工事会社とのネットワークによるスケールメリットを生かし、割安な価格でお客さまのシステム投資をサポートします。オリックスは、複数メーカーからの機器選定やリース、割賦、立替払、レンタルなどお客さまに合わせた調達手法や固定価格買取制度の設備認定取得サポートなど、設置から導入後のメンテナンスまでをワンストップでご提供し、お客さまの円滑なシステム導入を支援します。

ビル屋上に設置された太陽光パネル

屋根設置型太陽光発電

お客さまが保有する工場や倉庫など大型施設の屋根を賃借し、太陽光発電システムを設置する屋根借り方式の太陽光発電事業を推進しています。遊休地だけでなく、お客さまの施設を最大限活用することで効率的な発電を実現します。一方、お客さまにとっては、資産を有効に活用できることに加え、太陽光パネルの遮熱効果による施設内空調の効率改善や屋根の経年劣化の抑制というメリットがあります。また、オリックスグループで保有する商業施設などの屋根を活用した事業も展開しています。

バイオマス発電

群馬県で木質チップ専焼発電の「吾妻木質バイオマス発電所」を運営しています。木質チップ専焼発電は、木質チップ燃料をボイラで燃焼させ、その蒸気熱でタービンを回転させて発電する仕組みです。化石燃料の代替としてバイオマスである木質チップを燃料にすることで、CO2排出量の低減につながるだけでなく、サーマルリサイクル*1 技術の活用により、環境に配慮した発電事業を実現します。最大出力は13,600kW(13.6MW)、年間送電量は9,000万kWh*2 で、一般家庭約25,000世帯分*3 の年間電力消費量に相当します。

*1 廃棄物を単に焼却処理するだけではなく、焼却の際に発生するエネルギーを回収・利用すること。
*2 2013年度送電実績。
*3 1世帯あたり3,600kWh/年で試算。 出典:電気事業連合会「電力事情について」

吾妻木質バイオマス発電所

地熱発電

「杉乃井ホテル」(オリックスグループ運営)は、自家用では国内最大規模となる、地熱資源を利用した「杉乃井地熱発電所」を所有・運営しています。最大出力は1,900kW(1.9MW)で、発電した電力はホテル全般の電気設備で使用し、ピーク時の使用電力の1/3を賄っています。
また、オリックスは、温泉旅館の運営事業と杉乃井ホテルでの地熱発電ノウハウを生かし、現在、北海道や青森県など複数の温泉地で、地熱発電の事業化を目指し、最大出力2,000kW(2MW)程度の小規模地熱発電所の建設に向けて調査を開始しています。

杉乃井地熱発電所

風力発電

国内では、3事業、合計19基、最大出力は合計12,790kW(12.7MW)の風力発電事業に出資しています。

·秋田新屋ウィンドファーム(秋田県秋田市)8,790kW(8.7MW)
·たちかわウィンドファーム(山形県東田川郡庄内町)3,200kW(3.2MW)
·五島岐宿風力発電研究所(長崎県五島市)800kW(0.8MW)

秋田新屋ウィンドファーム

お問い合わせ先

オリックス 広域事業部

サービス提供グループ会社