内定者座談会

総合職編

(左から順に)

  • 渡邉 健太渡邉 健太

    文化構想学部

  • 斉藤 晶斉藤 晶

    観光学部

  • 内記 櫻子内記 櫻子

    文学部

  • 石田 智也石田 智也

    経済学部

Session.1

就職活動について

石田
みなさんはどのような業界や会社を志望していましたか?
渡邉
私は不動産業界とゲーム業界を志望していました。自分がやりたい仕事にどれくらい携わることができるかという観点から就職活動を行っており、オリックスの選考でも、不動産関連サービスに携わりたいという話をさせてもらいました。
斉藤
私は、さまざまな業界の方々と関わる仕事がしたいと考えていました。金融業界は人対人の仕事であり、まさに多種多様な業界の方々と関わることができると考え、そのような環境に自分の身を置くことで、いろいろな知識や経験を得ながら成長できると思いました。
内記
斉藤さんと同様に、私も金融業界を中心に企業研究をしていました。その中で、特に興味を持っていたのはリース事業です。リース会社の中には、リースだけではなく事業を幅広く展開している会社もあり、他の金融機関に比べて面白そうだと感じていたからです。また、インターンや業界研究を通じて、同じ業界でも企業によって社風や働き方が違うことがわかりました。その中で、私は若手にも裁量がある会社で働きたいと考えていました。
石田
私は新規事業に積極的に挑戦している企業や、新たな事業が生まれる風土のある会社を探していました。金融以外にIT業界や総合商社なども検討していましたが、世の中に新しい価値を生み出すためには、ひとつの事業に専念するのではなく、幅広く事業を展開している会社がいいと考えていました。

Session.2

オリックスの魅力

渡邉
みなさんがオリックスを知ったきっかけは何でしたか?
内記
就職四季報や業界地図でも紹介される企業なのに、何をやっているのか、よくわかりませんでした。セミナーに参加してみると、多角的に事業を展開していることを知りました。それから何度もセミナーに通っていくうちに、オリックスの柔軟なビジネス展開にどんどん惹かれていきました。
石田
金融の業界の企業を広く調べていると、オリックスの名前は必ず挙がりますよね。
斉藤
私はオリックス自動車の合同説明会に参加していた時に、そもそもオリックスは何をやっている会社なんだろうと思ったことがきっかけです。
石田
事業が多岐にわたっていますよね。私はオリックスの事業の広げ方に魅力を感じました。やみくもに事業を始めるのではなく、今まで培ったノウハウや知識を他の分野に生かすことで、新しいことに挑戦している印象があります。同じような規模の企業で、これだけのスピード感をもって新規ビジネスに進出している企業は他には見当たりませんでした。
斉藤
事業の多角化に加えて、オリックスの社風も魅力的でした。社員の方々が生き生きとしていて、私もこのような社会人になりたいと思えました。
渡邉
私はオリックスの面接が好きでした。名前を覚えてくれ、私が不動産関連に興味があるとお伝えすると、オリックスにおけるキャリアイメージについて親身になって教えてくれました。内々定をいただいた直後にも、他社の内定辞退を勧めることは無く、「自分の気の済むまで就職活動をして、最後までやりきった後に結論を出して欲しい」という言葉を掛けていただき、就活生の事情をよく理解してくれている会社だな、と感じました。
石田
私もオリックスの面接は印象に残っています。ありのままの自分で勝負しようと思って面接に臨むと、親身になって話を聞いてくれて、伝えたいことをちゃんと伝えることができました。
斉藤
私も同じような経験をしました。飾らずに自分の思いや考えを伝えれば、耳を傾けてくれる会社ですよね。

Session.3

多彩なキャリアへの期待

渡邉
オリックスに入社したら、私は元々興味を持っていた不動産関連サービスに携わりたいと思っています。私の理想のキャリアプランは、まず不動産に関する基礎を学んだ後、他の事業の経験も積み、そこでのノウハウを再び不動産関連サービスで生かしたいです。不動産以外にも、事業投資などにも興味を持っています。
斉藤
私は環境エネルギーサービスに興味がありますが、渡邉さんと同じようにオリックスの幅広い事業フィールドを生かして、さまざまな知識を身に付けたいです。また、オリックスの多くの女性社員の方々のように、私もビジネスの最前線で活躍したいです。
内記
私はさまざまな業種の経営者とビジネスができる、法人営業に挑戦したいと思っています。中長期的には、特定の事業や部署に限定せず、キャリアの可能性を幅広く考えるようにしたいと心がけています。
石田
私もまずは何でも挑戦してみたいです。これまでの私の経験を振り返ってみると、固定観念や先入観にしばられてしまうと自分の視野も狭められてしまうと感じているので、まずは挑戦してみるという姿勢を大切にしたいです。
内記
私もそう思います。若手が活躍できる会社を探してオリックスを選んだので、若いうちからさまざまなことに挑戦したいです。
石田
若手のうちから幅広い事業フィールドで、さまざまな経験を積めることは、自己成長につながると思います。私の目指すキャリアを考えるうえで、まさに理想の環境です。
渡邉
私もビジネスを通し、着実に自己成長を遂げたいと考えています。数年後にお互いの成長度合いを確かめる意味で、またこのように集まりたいですね。

一般職編

ページトップへ