オリックス保険コンサルティング|オリックスグループ勧誘方針

金融商品販売における「勧誘方針」

I. オリックスグループ基本方針

オリックスグループは、金融サービス事業を中心として、新しい価値と環境の創造を通じて社会に貢献しつづけることを 社会的使命としています。そして、「誇り」ある活動を行う企業、関係する人々から「信頼」される企業、広く世の中から「尊敬」される企業でありたいと望んでいます。 この精神を受けて、企業としての行動を表した企業行動規範と、これを実際に形づくっていく一人一人の社員の日常の行動の判断基準として示した社員行動規範とを設けています。
これらは、オリックスグループが21世紀のエクセレント・カンパニーを目指して、進むべき道、そのために必要な基本的精神・哲学を会社の中に埋めこんで社風まで高めていこうとする「EC21」として定めています。オリックスグループ各社は、金融商品の勧誘においても、「EC21」に則って活動します。

II. 本勧誘方針の適用範囲

当社は、「金融商品の販売等に関する法律」に定められた「金融商品」に限らず、当社が取扱う金融サービスすべてについて本勧誘方針に従って活動します。

III. 勧誘方針

1. 基本方針

(1)お客さまの意思・意向を尊重し、適切かつ適正な営業活動を行います。

(2)法令・ルールを遵守し、適切な説明を行い、誠実な行動に努めます。

(3)金融のプロフェッショナルとして日々自己研鑚に励み、質の高いサービスを提供します。

2. 適切な勧誘

(1)勧誘の方法・場所・時間帯等について、お客さまの意向に反しないよう、十分配慮して行動します。

(2)お客さまに対して、不安感・不快感を与えるような勧誘行為をしません。

(3)勧誘の形態に応じた適切な勧誘の方法・手段を講じます。

3. 最適な商品の提供に向けたコンサルティング

(1)お客さまの意向をよく把握し、その目的に適合すると認められる商品の勧誘を行います。

(2)勧誘にあたっては、お客さまの資力・財産、知識、投資経験の有無等を十分考慮します。

4. 勧誘資料の取扱い

勧誘資料の取扱いについては、法令および会社の規定に則った適正なもののみを使用します。

5. 適切な説明の徹底

(1)お客さまの判断を左右すると客観的に考えられる重要事項について、十分な理解が得られるような措置を講じます。

(2)説明にあたっては、お客さまの知識・投資経験等を考慮し、十分な理解が得られるよう努めます。

6. プライバシーの保護

業務上知り得たお客さまのプライバシーに関する情報については、厳重な管理を行い、その保護に細心の注意を払います。

7. コンプライアンスの重視

お客さまに対して適切な勧誘・販売活動等をしていくため、会社全体でコンプライアンス(法令等の遵守)に取り組み、 各種研修等を通じてコンプライアンス体制の維持・向上に努めます。

8. 研修・指導の徹底

勧誘にあたっては、勧誘する者に対し、事前に十分な研修と指導を行います。

9. 相談等の窓口

お客さまの多様なご意見等の収集に努め、それを金融サービスの提供等に反映していくため、常に努力して参りますので、ご意見・ご質問等ありましたら、当社担当者または別途個別にお知らせする窓口までご連絡ください。

最終更新日:2012年10月

ページの先頭へ