経営者が立てるべき出口戦略と、考慮すべきポイントとは

[Publisher] Inc.

この記事はInc.のBharat Kanodiaが執筆し、Industry DiveのDiveMarketplaceを通じてライセンスされたものです。ライセンスに関するお問い合わせはlegal@industrydive.comにお願いいたします。

起業家や経営者は、事業を成功に導くために一生懸命働き、時間や資金、そしてエネルギーを注ぎ込みます。また、予想外の事態に備えて計画を立てます。出口戦略は、こうした事業計画にとって重要な要素の一つです。

驚くかもしれませんが、創業期から出口戦略を事業計画に盛り込むことはよくあります。なぜなら、価値を生み出すビジネスを構築するだけではなく、資金を回収する方法も考えておく必要があるからです。起業家なら誰もが、事業の成長を維持するには、短期的な目標だけでなく、長期的な目標に向けた取り組みが重要であることを知っています。出口戦略は、そうした長期的目標の一つであり、将来に向けた計画なのです。

出口戦略は、経営者のためだけのものではありません。実行可能な出口戦略は、投資家が企業を魅力的な投資対象かどうか判断するのに役立ちます。プライベート・エクイティー投資家が求める一般的な出口戦略はいくつかあり、それぞれにメリットとデメリットが存在します。

株式を公開して上場する(IPO

株式公開(IPO)は、プライベート・エクイティー投資家のあいだで最も人気が高い出口戦略の一つです。この方法は、成長が期待できる市場において、最も高い投資対効果(ROI)を実現する可能性があります。

  • メリット:企業の株が株式市場に上場され、投資家は自分が所有する株式を一般に売却できます。買い手が増えれば、投資した資金を回収したり、さらに資金を手にしたりする機会も増えることになります。
  • デメリット:株式公開には、厳格な規制があります。また、IPO後は市場のリスクや変動に見舞われます。

会社を売却する

戦略的な買収では、他社によって現金か株式、またはその両方で事業が購入されます。もし事業が他社にとって新市場への参入や、既存事業の強化に効果的である場合、買収に適していると見なされるでしょう。

  • メリット:プライベート・エクイティー投資家は事業から迅速に撤退し、すぐに現金などの資産を手に入れることができます。
  • デメリット:条件によっては、買収された企業の経営陣が経営権を失う可能性があります。

従業員による企業の引き継ぎ(MBO:マネジメント・バイアウト)

MBOは、企業の経営陣や幹部が、自社を買い取る形式の買収です。この買収は、負債とプライベート・エクイティー投資を組み合わせた形で行われることがあります。

  • メリット:プライベート・エクイティー投資家に、現金などの流動資産への速やかなアクセスを提供します。また、外部からの買収ではないため、企業文化が保たれる可能性があります。
  • デメリット:一般的な経営者は、自社を買収するのに十分な株式を持っていないため、デットファイナンス(借り入れなどによる資金調達)で資金を調達することがあります。そのためMBOは、レバレッジド・バイアウト(LBO)の形になることがしばしばあります。具体的には、経営者が会社の資産を担保にして資金を調達し、将来の収益で債務を返済する仕組みです。

負債を活用した資本再構築(レバレッジド・リキャピタリゼーション)

レバレッジド・リキャピタリゼーションは、部分的な出口戦略であり企業の資本構造を再構成する方法です。借り入れを増やし、自社株買いや多額の配当金支払いなど通じて資本を負債に置き換えることで、企業の資本効率やPER(株価収益率) を高めます。

  • メリット:この戦略により、株主は支配権を維持するとともに、負債の増加による税制上の優遇措置を活用できるようになります。また、敵対的買収の防衛策として、この手法を利用することもできます。
  • デメリット:負債の増加によって過剰なレバレッジが発生し、資金難や倒産につながる可能性があります。

プライベート・エクイティー投資家にとって、適切な出口戦略は重要です。理想は、出資者や有限責任パートナーの投資対効果が最大化されることです。出口戦略は、投資取引の一環であり選択にあたっては、次に挙げるようないくつかの要素を考慮する必要があります。

  • 投資家が将来果たす役割
  • 流動性のニーズ
  • 規制要件の影響
  • 流動性イベント(投資家が企業への投資ポジションを清算するプロセス)時の市況

休暇の計画を立てるときは、時間をかけて綿密に旅程を組み、必要な宿泊施設を予約するものです。突発的な旅でもない限り、目的地を決めずに出発することはありません。出口戦略は、休暇旅行における最終目的地と同じようなものであり、事業計画や投資計画の重要な要素です。旅を成功させるには、どこにどのような方法で向かうのかを決めておく必要があります。出口戦略の詳細については、Veristratの記事をご覧ください。

法人のお客さま向け事業・サービス

法人金融事業・サービス

事業承継支援

事業投資・コンセッション

ページの先頭へ

ページの先頭へ