サステナビリティを実現するデジタルツイン×AIの活用事例

[Publisher] TechRadar

この記事はTechRadarのCheryl Ajluniが執筆し、Industry Dive Content Marketplaceを通じてライセンスされたものです。ライセンスに関するお問い合わせはlegal@industrydive.comにお願いいたします。

サステナビリティの観点を事業に組み込むことは、今日のすべての企業にとって最優先事項です。例えば、アクセンチュア社によれば、欧州最大規模の企業の3分の1が2050年までにカーボンニュートラルを宣言しています。にもかかわらず、実際にこの目標を達成する方向に向かっている企業は、現在のところ全体の9%にすぎず、今後10年間での努力が急務であることも、同社の調査で明らかになっています。

企業によるカーボンニュートラルの達成や持続可能な取り組みを推進する方法の一つは、現実世界のデータを使いデジタル上に再現させるデジタルツイン技術とAIを組み合わせて活用することです。これらの技術は企業に独自の見解や洞察を提供し、気候変動への対策を進めるのに役立ちます。例えばデジタルツインは、企業がさまざまなシナリオをシミュレーションして、エネルギー消費量や温室効果ガス排出量の削減に向けた最適な戦略を見つけるのに有用な手段となるでしょう。

デジタルツイン導入を促進する技術進歩

デジタルツインは、すでにさまざまな分野で導入されています。例えば医療分野では、臨床診断や教育訓練を向上させるために、心臓や肺といった臓器の高精度モデルを作成したり、エネルギー業界では、リアルタイムで石油掘削作業をコントロールするためのデジタルモデルを構築したりと、多くの活用事例があります。

しかし、最近の技術進歩によってシミュレーションやモデル作成機能が進化し、IoTセンサーの配置数が増え、コンピューターインフラが整ったことで、企業はデジタルツインをより有効活用できるようになっています。AIを組み合わせてデジタルツインを強化すれば、さらなる利点を得られるでしょう。例えば、「what-if(仮説)」シナリオを調査し、原因と結果を深く理解するためのシミュレーションをおこなうことも可能になります。

デジタルツインとAIは、より環境に優しい世界に向けた洞察を提供し、業務改善に寄与します。これを踏まえ、産業全体で持続可能性の向上を後押ししているデジタルツインとAIの活用事例をいくつか紹介します。

スマートな産業

2025年までに、IoTプラットフォームのほぼ9割にデジタルツインが取り入れられる見通しです。これにより、産業施設や製造設備の運用方法が変わるだけではなく、持続可能な取り組みを強化するための詳細な情報が得られるようになります。以下の具体例をご覧ください。

  • どこでエネルギーが無駄に使用されているかを詳細に把握し、エネルギー消費量を減らすための方法を調査する
  • さまざまな変更を加えることで、排出量がどのくらい減少する可能性があるかを、予測分析を用いて判断する
  • リスク評価を実施し、環境に悪影響を及ぼす事故の可能性や脆弱(ぜいじゃく)性を特定する

スマートシティ

都市の計画・管理・最適化の分野でも、デジタルツインとAIを組み合わせることによって変革が進んでいます。スマートシティには非常に多くの利点があります。食料問題への対処、モビリティーの向上、犯罪行為の特定などは、ほんの一部にすぎません。さらに、持続可能性の目標達成においても、多くのメリットをもたらします。

デジタルツインとAIを活用すれば、都市の自治体は、自分たちの意思決定が環境に及ぼす影響を把握することができます。そして、起こり得る状況を予測して、どのシナリオが環境面で最も有益かを判断できるようになるのです。

世界中の都市にとって、カーボンニュートラルが優先事項となっているなかで、デジタルツインとAIの利用拡大がますます期待されています。

スマートビルディング

デジタルツインとAIは、都市における持続可能な取り組みを支援するだけでなく、「スマートビルディング」を建設するために利用される事例もますます増えています。これらの技術により、建設管理者やその他の関係者は、建物のCO2排出量の予測値を設計段階から評価できるような、バーチャルな表現手法(コンピューター上で建物をモデル化し、建物の挙動や人の動きをシミュレーションしエネルギー使用量を予測する)を開発できるようになります。つまり、持続可能性を最優先にして取り組めるようになるということです。

産業、ひいては地球環境をより持続可能なものにすることは、これまで難しい目標とされていました。しかし、最新のAI技術とデジタルツインの導入拡大によって、そのビジョンが実現されつつあります。企業は今こそ、デジタルツインとAIを組み合わせた力を活用し、業務のあらゆる段階で判断材料となる情報を収集すべきでしょう。より持続可能な脱炭素社会を実現し、大局的には世界をより環境に優しいものにするための知見を得る時なのです。

法人のお客さま向け事業・サービス

環境エネルギー事業・サービス

事業投資・コンセッション事業

サステナビリティ

ページの先頭へ

ページの先頭へ