「より良い街づくり」のヒントに。都市の発展に必要な五つのポイントを解説

[Publisher] TechBullion

この記事はTechBullionのPriya Sが執筆し、Industry Dive Content Marketplaceを通じてライセンスされたものです。ライセンスに関するお問い合わせはlegal@industrydive.comにお願いいたします。

モビリティーに配慮した都市設計

優れた都市では、移動がスムーズに行われます。人々がA地点からB地点へと移動するための手段が非効率的だと、都市生活と社会環境の機能が低下し、騒音と大気汚染が都市を覆い尽くすことになります。都市開発を手がけるプランナーやデザイナーはこうした課題を解決するため、高速道路から近隣の街までをつなぐ、シンプルに相互接続された街路のレイアウトを提案するのです。

都市におけるモビリティーの最大の障壁は、マイカーの多用と言われています。この課題に対しては、公共交通機関の整備や歩行者専用区域の導入に加えて、駐車とマイカー使用を対象にした厳格な規制などの解決策が必要です。また近年では、多くの都市が自転車シェアリング事業に投資するようになっています。その目的は、都市内を移動する人々がCO2を排出せずとも、低コストでスムーズに移動できるようにすることです。

都市に自然を組み込む

都市の形成には、自然環境が欠かせません。気候問題を考えれば、自然環境と都市基盤システムの融合は理にかなっています。都市は、周辺を取り囲む自然環境を保全・保護する活動や、自然を充実させるための取り組みに積極的に参加するべきでしょう。

そうした取り組みによって恩恵を享受できるのは、動植物や水生生物だけではありません。自然の体系は、人間の生活や社会と密接に結びついており、集団または個人の身体的・精神的な健康に影響を与えます。つまり、健全な都市を計画する上で考慮すべき重要な要素なのです。きれいな水源、新鮮な空気、多様な生物が暮らす生態系──これらはすべて、柔軟性や回復力が高いレジリエントな都市の形成に役立ちます。

地元のリソースを活用する

持続可能な都市を実現するのは、自律的で自足的なプロセスです。都市部の大半はこれまで、郊外に広がる農村部で生産される農作物やリソースの力を借りることで存続してきました。そうせざるを得なかったのは、都市には食料の栽培・生産に利用できる土地や空間が限られていたからです。そのため、工場もほとんどが郊外に位置しています。「自給自足できる都市」を構築するためには、食料生産などを都市内で行うことが不可欠です。

これにより、消費者と商品(農産物)の健全な関係を、初期段階から築けるようになります。例えば、いま屋上農園を始める都市が増えてきています。屋上で栽培すると都市内で農作物を収穫できるようになり、同時に雇用機会も創出できるのです。地域社会のあらゆるニーズが地元で満たされれば、自給自足が可能な都市システムが構築されたと言えます。経済活動にも活発になると同時に、ライフサイクル全体のCO2排出量を大幅に削減することにもつながり、都市としてますます繁栄するでしょう。

歩行者に優しい街づくりに努める

人間から道路が奪われてしまうと、都市は廃れていきます。自動車が中心となって道路を行き来し、そこで暮らす人々が側へ追いやられてしまうと、居住環境は過酷になっていくのです。都市は、人々が活用し楽しむために存在する場です。しかし、人々が命を失うほどの危険にさらされているのならば、既存システムを見直す必要があります。こうした振り返りによって起こったのが、歩行者に優しい街づくりを目指した革命です。

この取り組みが行われた都市ではおおむね、住民に必要なサービスやリソース(食料品店や医療機関、学校、公園など)がみな、自宅から徒歩圏内に備わっています。道路に設置された街灯や横断歩道はすべて、このシステムに不可欠な要素です。なかには、Wi-Fiスポットやセンサーなどさまざまな機能を備えたスマートポール、監視カメラ付きの街灯、緊急通報設備、電気自動車の充電ステーションなど、便利な機能を一体化した都市もあります。

都市の利便性やサービス向上のための「マイクロプランニング」に投資する

都市計画においては焦点を小さく絞った「マイクロプランニング」を行うことにより、地区の街並みや景観を形成しやすくなります。歩道や、歩道と車道の仕切りの設計、太陽光発電を使った夜間の街灯、自動車の乗り入れ禁止区域、歩車分離、自転車専用レーンの設置、植栽など、これらはすべてマイクロプランニングに不可欠な要素です。

公共インフラのデザインは、長年にわたって進化を遂げてきました。ニーズや、人々の行動あるいは周辺状況に基づいて規制が改定されたことに伴い、変化してきたのです。公共スペースは、さまざまな利用者が存在することを認識し、人々を支援するように設計されるべきです。例えば、障がいを持つ人が利用しにくいスペースが現状はまだ多くありますが、誰にとっても使い勝手のよいものにするために、インフラの改善に着手する都市が増え始めています。

法人のお客さま向け事業・サービス

不動産事業・サービス

事業投資・コンセッション

サステナビリティ

ページの先頭へ

ページの先頭へ