ますます進む「サステナブルな不動産開発」に求められる視点を整理

[Publisher] TechBullion

この記事はTechBullionのAli Bajwaが執筆し、Industry Dive Content Marketplaceを通じてライセンスされたものです。ライセンスに関するお問い合わせはlegal@industrydive.comにお願いいたします。 

不動産開発は、環境と地域社会に大きな影響を与えるものです。都市化が進むにつれて、悪影響を軽減しながらより持続可能なコミュニティーをつくるための不動産開発を考えることが不可欠になっています。この記事では、持続可能な不動産開発とは何か、またなぜそれが今日の世界で極めて重要なのかを探っていきます。

不動産開発における「持続可能性」の考え方

はじめに持続可能な不動産開発とは、環境にも配慮され、社会的に公平で、経済的に実行可能な建物・コミュニティー・地域を設計するアプローチのことです。不動産開発の取り組みが環境、社会、経済(ESG)に与える影響を考慮し、それらのバランスを取ることを目指します。

上記の大きな三つの柱を踏まえた不動産開発における「持続可能性」の概念は、次のようになります。環境の持続可能性は、エネルギー効率・節水・廃棄物削減など、不動産開発が環境に与える影響のことです。社会の持続可能性は、不動産開発が周辺コミュニティーに与える影響で、アクセシビリティ・安全性、価格の手頃さなどが挙げられます。そして、経済の持続可能性は、雇用創出や経済成長など、不動産開発が地域経済に与える影響のことを指します。

持続可能な不動産開発においてはこの3本柱のすべてを長期的な視点で見据えることで、持続可能な建物・コミュニティー・地域を作り上げていく必要があります。つまり、環境への悪影響を最小限に抑え、地域社会への利益を最大化し、経済的価値を創出することに重点を置いているのです。

持続可能な不動産開発の事例

持続可能な不動産開発の一例に、グリーン住宅の開発があります。これは、環境的に持続可能でエネルギー効率のよい住宅を建設することです。グリーン住宅は、エネルギー消費と廃棄物が少なくなるように設計されており、通常は環境への影響を最小限に抑えるため、サステナブル素材や環境に配慮した技術が使用されます。

また多くの場合、公共交通機関にアクセスしやすく、徒歩や自転車ですべてが事足りる場所に建設されることも特徴の一つです。加えて、手頃な価格設定であらゆる所得水準の人々が入居できるようし、社会的な持続可能性も促進しています。

持続可能な不動産開発のもう一つの例がコミュニティーの構築で、これは長期的に持続可能であるよう設計された地域社会のことです。多くの場合は、住宅や商業施設、小売店舗などを含めた複合施設の開発になります。さらに公共交通機関や自転車道、歩行者に優しい道路など、それぞれ簡単にアクセスできるよう考慮して設計されています。

上記で述べた事例のように、今日の世界では持続可能な不動産開発を推進することが不可欠となっています。理由としては第一に、取り組みによって環境への悪影響を抑えることができるからです。持続可能な素材や技術を使用し、エネルギー消費を抑えたり廃棄物の発生を最小限にとどめたりすることで、建物や地域社会におけるCO2排出量の削減に貢献します。

また、社会の公平性を促進できるというのが第二の理由です。手の届く価格で利用しやすい住宅の建設や、歩きやすさと公共交通機関へのアクセスの改善がコミュニティー意識を高め、より公平な地域社会の形成につながっていくのです。

最後に、持続可能な不動産開発は経済的価値を生み出します。雇用創出、経済成長、長期的な経済の持続可能性を追求することで、より活気にあふれた、強固な地域社会の創出に貢献します。

最後に

繰り返しになりますが、持続可能な不動産開発とは、環境的に持続可能で、社会的に公平で、経済的に実行可能な建物・コミュニティー・地域を創出するためのアプローチです。環境、社会、経済に与える影響をしっかりと捉えながら、その間のバランスが取れた状態で開発を推し進めていくことが求められます。

米国初の国営住宅企業であるHOMZは全国規模の住宅会社で、「ウェルネス」というコンセプトを中心に置いた集合住宅コミュニティーを郊外に構築しています。木や石などの自然素材を使ったコミュニティーづくりを重視しており、そのすべてで自然を大切にした暮らしを実現しています。企業の選び方次第では、新時代の自然共生の一部になることができるということです。

環境エネルギー事業・サービス

PPAモデル(第三者所有モデル)

不動産事業・サービス

サステナビリティ

ページの先頭へ

ページの先頭へ