3Dプリンターの活用でビジネスはどう変わる?

[Publisher] TechBullion

この記事はTechBullionのAli Bajwaが執筆し、Industry Dive Content Marketplaceを通じてライセンスされたものです。ライセンスに関するお問い合わせはlegal@industrydive.comにお願いいたします。

3Dプリントは、比較的新しい製造手法です。簡単に言えば、CADなどのデザインソフトウエアを利用して、製品や部品の正確な寸法を入力し、3Dプリンターにアップロードして実行ボタンを押すだけで、機器が指定通りの素材を用いて製品や部品を作ってくれます。小さな部品や受注生産の部品の製造に適しており、部品ではなく製品全体を作り出すことも可能です。3Dプリントサービスやその他の特殊印刷サービスは活況を呈しており、毎年多くの技術系企業が事業成長を遂げています。この記事では、どのように3Dプリントをビジネスに活用できるかについて解説しています。

3Dプリントの仕組み

3Dプリントがどのように役立つかを考える前に、まずは、3Dプリントの仕組みを理解しておきましょう。3Dプリントは積層造形とも呼ばれ、デジタル上で作成した3次元データ(デジタルモデル)から物理的対象を作り出す工程の一つです。3Dプリンターがデジタルモデルを読み込み、レイヤー(層)ごとに素材を添加して物体を構築し、最終的に立体物を造形します。3Dプリントには、熱溶解積層方式(FDM)、光造形方式(SLA)、粉末焼結積層造形方式(SLS)など、いくつかの種類があります。これらはみな、素材を加えながら造形するための異なる手法です。3Dプリントで一般的に使われる素材としては、プラスチック、金属、セラミック、食品などがあります。

3Dプリントサービスに求められる要素とは

3Dプリントサービスは通常、多様な顧客ニーズを実現するためのさまざまな機能やサービスを備えています。「事業として優れた」3Dプリントサービスを決定づける重要なポイントについて、以下に挙げます。

高品質:高い精度で細部まで捉えた製品の造形サービスを提供していること。

多様な素材:プラスチック、金属、セラミックなど、素材の選択肢が豊富であること。

短い完成時間:品質を損なうことなく、短時間で製品を作り出せること。

価格競争力:公正かつ競争力のある価格でサービスを提供していること。

顧客サービスの良さ:工程全体を通じて顧客を支援し、迅速かつ丁寧にサポートしていること。

カスタマイズ可能なオプション:仕上げ、彩色、サイズなどのオプションを提供しており、多様な顧客の独自ニーズに対応できること。

オンライン注文とファイルアップロード:顧客にとって使いやすいウェブサイトを備えており、デジタルモデルのアップロードやオンライン注文が可能であること。

品質管理:厳格な品質管理手段を採用しており、すべての造形物が顧客の期待通りであることを保証していること。

多様なファイルタイプのサポート:サービス内で多様なファイルタイプ(.stl、.obj、.3mf、.amfなど)をサポートしていること。

後加工のサービス:やすりがけ、つや加工、塗装など、完成品の美観や質感を高める追加サービスを提供していること。

3Dプリントが企業にもたらすメリットとは?

企業が3Dプリントサービスを効果的に活用する方法はたくさんありますが、その一部を以下に紹介します。

  1. 迅速な試作品製作:3Dプリントは、試作品を迅速かつ容易に製作することが可能です。これにより、製品開発と検証の手順を短縮できます。
  2. カスタマイズ:企業は3Dプリントによって、顧客のニーズや好みに合わせてカスタマイズした製品を作ることができ、顧客満足度やロイヤルティーの向上につながります。また、3Dプリントを利用して唯一無二のオリジナル製品を作ることもできるため、競合他社との差別化を図ることができます。
  3. コスト削減:3Dプリントを活用することで、企業はさまざまな面でコストを削減できます。高価な工具や金型を使った製造が不要になり、また少量生産が可能になるので、従来の製造手法に伴う高いコストを払うことがなくなるのです。
  4. 受注生産:3Dプリンターは注文が入ってから製品を生産することができるため、企業にとって在庫コストの削減や効率改善につながります。必要なときに必要な分だけ製品を作れるのは非常に便利で、特にオンラインやカタログで製品を販売している企業は恩恵を受けることになるはずです。
  5. デザインの自由度向上:3Dプリント技術は、表面や内部に複雑な構造を持つ部品や、従来の製造手法では不可能または困難だった機能部品の生産を可能にします。これにより、新たなデザインの可能性が開かれ、生み出される製品の幅が広がるでしょう。
  6. 持続可能性の向上:3Dプリントは廃棄材料、エネルギー消費、輸送コストなどを抑制するため、環境に配慮した製造手法であるとも言えます。

上記で述べてきたように、3Dプリントは業界を問わず、ビジネスに重要かつ大きなメリットをもたらします。効率を向上させ、コストを削減し、顧客満足度の向上に役立つことが期待できる技術です。3Dプリントを業務に取り入れることで、企業は競争優位性を獲得でき、将来の成功に向けて前進できるのです。

産業/ICT機器関連事業・サービス

その他事業・サービス

事業投資・コンセッション

法人のお客さま向け事業・サービス

ページの先頭へ

ページの先頭へ