DXでよくある五つの課題とその克服方法

[Publisher] TechBullion

この記事は TechBullion の Adil Husnain が執筆し、Industry Dive Content Marketplace を通じてライセンスされたものです。ライセンスに関するお問い合わせは legal@industrydive.com にお願いいたします。

急速に進化する今日のデジタル環境において、企業は競合他社に先んじて、デジタル化の進む世界で存在感を保つために尽力していますが、同時に多くの課題に直面しています。デジタルトランスフォーメーション(DX)のプロセスでは、全てのビジネス分野のデジタル技術を統合することにより、企業の事業展開や顧客への価値提供の方法を根本的に変えていきます。しかし、この道のりは平たんなものではなく、企業は成功するために、克服しなければならないテクノロジーに関するさまざまな問題と向き合うことになります。ITスキルの欠如から技術的な問題に至るまで、DXの課題には困難なものもあり、克服するには綿密に計画して遂行することが求められます。マネージドITサービス・サクラメントのチームは、企業が自社のDX課題を効率よく克服できるよう支援しています。

この記事では、企業DXで立ちはだかる最大の障壁を五つ掘り下げ、これらのハードルをうまく乗り越えるための戦略を探ります。

1. 適切なITスキルの欠如

DXを成功させるには、一流のITチームが必要です。残念ながら、現在は技術者が不足しているため、これはますます困難となっています。企業を対象としたある調査では、54%の企業が、技術的スキルを持った従業員を十分に確保できなかったことでDXの目標を達成できなかったと回答しています。改革の取り組みを実現するために適切なチームを編成することは、実は適切な戦略があれば克服できるものなのです。

企業はITインフラを導入・移行する際に支援を必要としています。サイバーセキュリティー、アプリケーション、アーキテクチャ、ソフトウエア統合、データ分析、データ移行などのスキルを有する人材がいなければ、導入・移行を確実に成功させることは難しいでしょう。これらの作業を社外のコンサルタントやDXの専門家に委託することでギャップを埋め、企業は重要な課題を克服するために必要な専門知識とリソースを拡充することができます。ITサポート・フレズノなどの専門家たちに依頼して、ITインフラの安全な移行を確実に成功させましょう。

2. セキュリティーリスクの増大

世界は移り変わりの激しい消費者の需要に迅速に順応しており、多くの企業がデジタルソリューションの導入を急ぎました。しかしこの流れはまた、増大するサイバーセキュリティーのリスクに対する脆弱(ぜいじゃく)性も高めたのです。同じような被害を恐れた他の企業は、事業を守るため自社の構想を実行に移すことに慎重になりました。最大限のセキュリティーを確保しつつリスクを最小限に抑えるために、企業はサイバーセキュリティーの状況を理解し、データやシステムの安全を確保するために自社独自のプランを作る必要があります。

何十社ものSaaSベンダーと連携することへの不安は、実に正当なもの。各サードパーティーのプラットホームやツールの安全性の検証は、経験豊富な技術開発チームを要する組織であっても困難な課題です。各プロバイダーがセキュリティー基準を満たしていかを確認するには、かなりの労力を必要とします。ただ、企業がSaaSベンダーの安全性とコンプライアンスを確認するために役立つリソースはたくさんあるのです。

3. 破壊的な技術の進歩

デジタル技術は絶えず進化し、私たちと世界との関わり方を変えています。従来のシステムではもはや、現在のDX移行の猛烈なスピードについていけないでしょう。企業は、遅れることなく競争力を維持するために、より新しいデジタルソリューションを取り入れなければなりません。そうでなければ、デジタル環境が変化していく中で取り残されてしまう恐れがあります。今、戦略とソリューションに投資をすることで、企業は時代を先取りしながら競争力を維持することができるのです。

ロボット工学、人工知能、機械学習などのデジタル技術は、私たちの働き方に革命をもたらしました。現金自動預払機(ATM)、セルフレジ、オンライン注文などは、過去10年で破壊的な技術がわれわれの生活を変えたほんの数例に過ぎません。新技術の登場に伴い、スキル不足がますます現実味を帯びてきます。企業はこのギャップを埋めるための包括的なプランを策定し、最新技術にしっかりとついていかなくてはなりません。

4. 予算の制約

DXは綿密な計画と遂行を要する投資です。十分に考え抜かれた戦略がなければ複雑化を招き、納期の遅延やコストの増加につながりかねません。さらに、顧客ニーズ、ITのエラー、各種相談業務などを考慮すると、DXのコストはあっという間に莫大(ばくだい)なものになる場合もあるのです。DXを確実に成功させるには、企業がプロジェクト全体の適切な計画と予算を定めるため、時間をかける必要があります。

自社の長期目標と、改革のプロセスで達成する予定の投資対効果(ROI)を理解しましょう。目標とROIを知っていれば、どの費用が必要でどこになら予算を増やせるかが明確になります。これにより情報に基づいた意思決定ができ、変革のプロセスをコスト効率よく成功に導くことができるでしょう。

5. 複雑化する規制の枠組み

規制が複雑化してくると、企業はコンプライアンスを守り最新の状態を維持しながら業務を続けられるよう、ますます外部からの支援を受けるようになります。品質保証は、プロセスや手順が適切に実施され、監視されていることを保証し、企業に必要な規制の要件を全て満たしているという安心感をもたらすために不可欠です。適切な保証があれば、企業は自社の業務が最新の規制を順守しているという確信を持ち、引き続き外部のパートナーに必要な支援を依頼することができます。

GDPR(一般データ保護規則)は、国境を越えた確実なデータ保護を目指す組織の実例です。米国国民の個人情報を保護するだけでなく、国内で事業展開する企業を対象とする規制の策定も行っています。

最後に

今日の市場で競争力を維持したい企業にとってDXは必要不可欠ですが、同時に多くの課題が伴います。ここに挙げた最も一般的な課題を認識し、それらを克服するための効果的な戦略を立てることで、組織は成功への準備を整え、DXから多くのメリットを手に入れることができるのです。従業員のトレーニングやスキル向上への投資であれ、専門家との連携であれ、DXの課題に積極的に取り組む企業はデジタル社会で成功するための優位性を確保できるでしょう。

取材協力: エイペックス・テクノロジー・マネジメント社、セールス&マーケティング・ディレクター、ジョージ・パシダキス氏

法人のお客さま向け事業・サービス

事業投資・コンセッション

事業投資

法人金融事業・サービス

ページの先頭へ

ページの先頭へ