テクノロジーとIoTは、倉庫業務をどのように改善しているか?

[Publisher] TechBullion

この記事はTechBullionのLuke Fitzpatrickが執筆し、Industry Dive Content Marketplaceを通じてライセンスされたものです。ライセンスに関するお問い合わせはlegal@industrydive.comにお願いいたします。

専門家の予測では、2022年時点でIoT(モノのインターネット)業界が18%の成長率を示し、IoT接続数が144億前後に達すると見込まれていました。IoTは実際、倉庫業務の改善にどう役立つのでしょうか。この記事では、倉庫会社が技術革新を最優先する必要がある理由と、倉庫業界で最も有用なIoTの応用例について解説します。

現在の状況のなかで、なぜ倉庫業務の改善を最優先することが必要なのか?

コロナ禍が始まって以来、消費者のeコマース分野への関心が劇的に高まっています。都市が封鎖されている間、人々はお気に入りの日用品を購入するためにオンラインショッピングの検討を余儀なくされました。eコマース企業は、製品の保管や梱包(こんぽう)、消費者への発送などを行うために倉庫施設を利用する必要があります。eコマースの増加に伴って倉庫業界が盛況となり、競争がより激しくなったのです。

倉庫会社は現在、低価格を実現し、サービス向上と作業の高速化を達成するべく、日常的な倉庫業務の改善に重点的に取り組む必要に迫られています。この記事では、倉庫会社がIoTを活用して倉庫業務を改善する方法について説明します。

倉庫業界を発展させるテクノロジーとIoT

以下に、eコマースの急成長のなかで倉庫業界が成功する助けとなり、業界内でもトレンドとなっている新興IoT技術について述べます。

クラウドベースのセキュリティー

棚卸減耗(帳簿上のデータと実地棚卸で数えた在庫数との差)は、倉庫業界における深刻な問題の一つです。倉庫会社は棚卸減耗を防ぐために、問題に迅速に対応できる自動化されたセキュリティー対策を最優先させる必要があります。棚卸減耗の原因は、従業員や外部者による窃盗、物的損害などです。これらの事象を未然に防ぐセキュリティーシステムを実現するために、倉庫施設は以下に挙げるクラウドベースのIoTセキュリティー技術を採用しています。

  • クラウドベースの入退室管理一般的な鍵はピッキングで簡単に開けられてしまうため、倉庫施設には入退室管理システムが必要です。クラウドベースのアクセス制御を導入することで、システム管理者が遠隔操作でドアの鍵を開閉したり、モバイル機器でアクセスログを閲覧したりできます。施設が差し迫った危険にさらされている場合は、遠隔からドア封鎖機能を作動させることも可能です。また、管理者はモバイル機器を使ってアクセス認証を無効にするなど迅速に対応できるため、カードキーの盗難によるセキュリティー侵害の防止にもつながります。
  • クラウドベースのセキュリティーカメラシステム:セキュリティー管理の担当者は多数の業務を抱えており、セキュリティーフィード(刻々と記録されるセキュリティー関連データ)を常に監視して潜在的な脅威を検出することは難しいです。クラウドベースの監視システムなら、カメラの映像をどこからでも閲覧できます。さらに、クラウドベースのセキュリティーは公開API統合機能が提供されています。これにより担当者は映像解析を統合でき、潜在的なセキュリティー脅威が検出された際にアラートを受け取れるようになるのです。

在庫管理ソフトウエア

在庫管理ソフトウエアは、倉庫施設とeコマース販売業者の両方にメリットをもたらすものです。販売業者は、自社の在庫水準に関する正確なインサイト(各種データ分析情報)を瞬時に入手できます。倉庫施設が得られる利点には、以下のようなものがあります。

  • RFID(無線自動識別)バーコードスキャン:在庫管理ソフトウエアは、RFIDバーコードスキャンによる棚卸しに基づいて動作します。手作業での棚卸しは人的ミスが起こる余地を残しており、棚卸減耗や過剰在庫につながる恐れがあります。加えてすべての在庫管理情報がデジタル化されれば、倉庫業務全般もより行いやすくなるのです。
  • 発注予測:在庫管理ソフトウエアは、倉庫施設が予測機能を使って将来の需要に関する情報を得るのに役立ちます。この予測は、現在の市況と購入履歴の傾向に基づいて行われます。分析情報を蓄積して今後の方向性を深く理解することで、需要急増による倉庫施設の在庫切れを防ぐことができます。
  • 再注文の自動化:在庫管理ソフトウエアの導入により、在庫水準の管理に必要な手作業を削減することが可能です。在庫が販売数量を踏まえた再注文点に達した際に、自動的に再注文が行われます。

在庫管理ソフトウエアの導入は、倉庫施設にとって非常に有益であることは間違いありません。日常の業務に必要とされる手作業を軽減し、在庫切れや過剰在庫につながる恐れのある人的ミスが生じる余地を減らすことができるからです。

IoTによるスマートな建物管理

倉庫コストは、人件費や光熱費といった多くの要因からの影響を受けます。倉庫施設は毎月の管理費を削減しながら利幅を増やすべく、スマートな建物管理のためのIoTを導入しています。コンピューター制御の暖房や照明と、出入管理装置を統合することで、倉庫施設は光熱費とCO2排出量を削減できます。暖房や照明、電気器具は、従業員が倉庫エリアに立ち入った時に作動するようになっており、従業員が倉庫を出ると停止します。

倉庫内に人がいない間も暖房や照明、熱換気空調(HVAC)システムを稼働させると、倉庫のエネルギー消費量が著しく増大する可能性があります。スマートな建物管理に切り替えることで、日常業務の費用効率が向上します。

まとめ

テクノロジーとIoTを導入して倉庫業務を改善する方法を探しているのであれば、ここに挙げたツールや手法を検討してみてはいかがでしょうか。これらは、より機敏なセキュリティー対策や在庫管理プロセスの効率化を提供することに加え、毎月の光熱費削減に役立ちます。IoTは倉庫施設における運用方法を劇的に改善し、日常的な作業の利便性と効率性を向上させるのです。

不動産関連事業・サービス

産業/ICT機器関連事業・サービス

事業投資・コンセッション

環境エネルギー事業・サービス

ページの先頭へ

ページの先頭へ