企業のサステナビリティ対応を支援するテクノロジー

[Publisher] TechBullion

この記事はTechBullionのAngela Scott-Briggsが執筆し、Industry Dive Content Marketplaceを通じてライセンスされたものです。ライセンスに関するお問い合わせはlegal@industrydive.comにお願いいたします。 

世界中で、よりサステナブルな企業の製品を購入したいと考える顧客が増えていますが、すべての企業が、そのような期待に応える十分な努力ができているわけではありません。ただし、技術が発達したおかげで、サステナビリティへの配慮は以前よりもはるかに簡単になりました。秘訣(ひけつ)は、どのソリューションに投資すべきかを把握しておくことです。各企業にとって必要なものはそれぞれ異なりますが、この記事では各技術と、それがいかにして世界的なサステナビリティへの動きに対応できるかを示しています。企業として取り組む際の出発点として参考となるでしょう。

エネルギーの管理・分析ツール

企業が、自社によるエネルギー使用量の管理効率を向上させるために利用できるツールがますます増えています。さまざまな種類のエネルギーを管理している企業にとって、エネルギー取引リスク管理(ETRM)システムが大いに役に立つでしょう。このタイプのソフトウエアを利用することで、エネルギー取引の経済的または物質的な側面の管理が、はるかに容易になります。

また、分析ツールを利用して、自社のエネルギー使用状況やそのエネルギーが地球に与える影響についての理解を深めたいと考える企業もあるでしょう。一部のソフトウエアは予測機能を備えているため、自社の再生可能エネルギーへの取り組みが、世界にどのような影響を及ぼす可能性があるか、経営陣が確認できるのです。

手が届きやすい再生可能エネルギーと貯蔵ソリューション

多くの企業において、自社に必要な電力を電力会社に頼らなくても済むようになりつつあります。技術進歩のおかげで、個人でも企業でも太陽光パネルを簡単に購入・利用できるようになっています。再生可能エネルギーは、企業のサステナビリティを向上させるとともにコスト削減にもつながるため、あらゆる面で魅力的なソリューションです。

技術はさらに進んでおり、今や企業が自社で生成する再生可能エネルギーを貯蔵することが可能です。これは、無駄を省きながらより多くのエネルギーを蓄えられる最新のバッテリーシステムのおかげです。これまでは、再生可能エネルギーの貯蔵コストが問題になることが多かったですが、そうではなくなってきています。

電気自動車(EV)

電気で走る乗用車やバンがますます普及している中で、自社で使う車両を従来のガソリン車から電気自動車(EV)に移行する企業が増えています。これはコスト面でメリットがあり、特に太陽光発電で電力をまかなっている企業では有利に働くのです。また、特に移動距離の長い車両を多く保有している企業では、純粋に環境をより良くすることにつながります。

この数年間に起きている情勢に見られるように、技術進歩のおかげで、企業によるEVへの投資はますます容易で手の届きやすいものになっています。現在EVは追加充電せずに走行できる距離がさらに伸びており、公共の場に設置されている充電スタンドもますます増えています。この二つの変化は、より環境に優しい選択肢に関心を持つ企業が今後さらに増えるきっかけとなるでしょう。

サステナビリティに関して、テクノロジーは必ずしも良い評価を得ているわけではありません。そもそも、新たな製品やテクノロジーを開発する際には、廃棄物が発生しエネルギーが使われるもの。しかし、適切なテクノロジーがなければサステナビリティへの取り組みの多くが不可能であることも確かです。テクノロジーはまさに生活の一部であり、切り離せないものとなっているからこそ、サステナブルであればあるほど望ましいのです。

環境エネルギー事業・サービス

PPAモデル(第三者所有モデル)

サステナビリティ

法人のお客さま向け事業・サービス

ページの先頭へ

ページの先頭へ