なぜ、中小企業に会計の自動化が必要なのか?

[Publisher] TechBullion

この記事は、TechBullionのUmesh Kumarが執筆し、Industry Dive Content Marketplaceを通じてライセンスされたものです。ライセンスに関するお問い合わせはlegal@industrydive.comにお願いいたします。

マルチタスクは、多くの起業家が得意とするスキルです。ただ、資金管理はすぐに負担が重く感じられるかもしれません。簡単な財務記録のミスでさえも頭痛の種になりえます。そうした時に頼りになるのが公認会計士など会計のプロで、彼らは収支のバランスを取り、税金の申告まで支援してくれます。

しかし、「会計士」が必要なのか、それとも「全知全能のAI」が必要なのかを理解すると、より良い方法を見つけることができるでしょう。

自社のビジネスニーズを認識することは時間と労力を要し、多くの段階を踏む作業です。しかし、会計士を手配する前に、彼らの仕事について把握したうえで、本当に必要なのかを見極める必要があります。

企業会計プロセスの自動化

事業運営における会計士の役割

経営者は事業を営む中で、日々の業務から人材採用、事業戦略の立案、キャッシュフロー管理まで、あらゆることを一手に引き受けます。会計士の仕事は一言で表現するのが難しいですが、企業が適切に機能するには極めて重要です。

  • 会計士は財務の専門家であり、財務計画、税務指導、さらに税務申告まで支援してくれる
  • 会計士と経理担当者はよく混同されがちだが、その行動範囲は同じに見えても、重要な違いがある
  • 会計士は経理に必要な財務知識を持っている可能性が高く、より企業を戦略的に評価できる

企業会計で押さえておくべこと

企業経営には、規模の大小を問わず安定した売掛金と買掛金の流れが必要です。キャッシュフローを注意深く監視しなければ、企業としての選択の多くに影響を与える可能性があります。それらは最終的に、損益計算書にまで影響が及ぶかもしれません。

資金の流れをよどみなく維持するのは、容易ではありません。そのためには、綿密な戦略と、十分に計画された買掛金や回収の判断が必要になります。そして、予算構造の透明性を実現する、強固なコスト管理プラットホームが不可欠です。

買掛金、売掛金とは?

例えばインドのエンキャッシュ社が提供する自動取引プラットホームなどを用いれば、買掛金についての理解を深めることができます。「買掛金(AP:Accounts payable、未払い費用)」とは、総勘定元帳の勘定科目で、企業が債権者や仕入れ先に対し、短期債務の返済を約束したことを示すものです。一方で、「AP」の典型的な意味は、企業に代わって、納入業者など債権者への支払いを担当する部署を指します。同社のプラットホームは、こうした買掛金の意味をより明確に理解できるよう支援しています。このプラットホームによる自動化には、締め切り日よりも前に支払いを行う機能も含まれているそうです。

買掛金の自動化、デジタル化については、下記のURLをご参照ください。
https://www.facebook.com/watch/?v=207290764690221

その結果、期限までに滞りなく支払いが行われるようになり、企業におけるキャッシュフローの多くを、収益を生み出す事業に充てることができます。

その他、企業会計に役立つ注目すべき機能は以下の通りです。

  • 仮想B2B支払いプラットホームを使うことで、支出プロセスを分散させながら集中的な管理ができる
  • 売掛金、買掛金、運転資金、キャッシュフロー、支払い方法など、企業の財務を包括的に把握できる
  • 財務を俯瞰(ふかん)することにより、今後の購入や支払いについて、データに基づく判断を下せるようになる

こうしたデジタル自動化ネットワークは、多くの中小企業にとってメリットをもたらします。特にエンキャッシュ社のようなシステムはその幅広い機能により、B2B決済の顧客体験を、真の意味で向上させるのです。移動中の取引も可能なあらゆるビジネスカードを提供しており、迷いなく支払いを行えるそうです。エンキャッシュ社のプラットホームがあれば、究極の財務的自由が手に入ると言っても過言ではないでしょう。

ビジネス決済の自動化については、下記のURLをご参照ください。 https://www.youtube.com/shorts/YSjwgBOwo6k

中小企業における会計ソフトウエアの必要性

会計ソフトウエアは、会計士が財務管理や会計業務に使用するのに不可欠なものの一つです。一般的に「会計」とは、伝送される財務データを文書化するための体系的な方法や取り組み、プロセスのことを指しています。その仕組みをつくるシステムの一つとして、エンキャッシュ社のようなプラットホームが提供されているのです。

乗り換えるべき理由は?

改めて、企業会計を自動化することで得られる利点をまとめてみます。

売掛金を自動化することで得られるメリット

1. 迅速な支払いを実現:スピードは、自動化が持つメリットの一つです。これまでの方法だと、請求書の作成に時間がかかります。価格表を確認し、全体の金額を計算し、さらに、顧客ごとの条件とコストを反映させるなどの作業が必要だからです。これらを手作業で行うと、時間を要するうえに人的ミスが発生しやすくなります。取引を自動化すれば、反復作業の時間を短縮できるだけでなく、顧客との長期的な関係が揺らぐ一因となる「請求書のミス」を減らすことにもつながります。

2. セキュリティーの強化:自動化への投資を行う時は、安全性を最優先すべきです。実は従来の支払い方法は、大きな危険をはらんでいました。これはデータ漏えいや資金洗浄の可能性があるためです。複数のセキュリティー対策を講じ、集中型の自動決済システムを使ってデータベースにアクセスすれば、これらの重大な攻撃は無効となるでしょう。

買掛金の自動化で得られる利点

1. ミスの減少:手作業で支払い処理を行う場合、ミスが発生する可能性が高いです。紙の文書から電子文書に切り替えれば、計算やファイリング、処理のミスが起こりにくくなります。買掛金の自動化は、不要な手作業を排除することで、生産性を向上させるのです。また、従業員をより生産的な仕事に従事させることが可能になり、士気を高められるでしょう。

2. 支出の透明性を担保:企業は会計の自動化によって、支出パターンの全体像をつかむことができます。財務部門はすべての出入金の流れを1カ所でリアルタイムに把握することができ、経営陣は会社の資金が適切に使われているか、会社の方針に沿っているかなどを確認することで、企業の資金に目を光らせることができるようになります。これにより、財務部門にはキャッシュフローを最適化するために、支出制限を設けたり資金の放出を一定期間後に設定したりといった計画を策定することができるようになるのです。

法人のお客さま向け事業・サービス

不動産事業・サービス

法人金融事業・サービス

CRE戦略支援

ページの先頭へ

ページの先頭へ