使える時間を増やし、中小企業を成長させるテクノロジー10選

f:id:ORIX:20220126095851j:plain

[Publisher] TechBullion

この記事はTechBullionのZexprwireが執筆し、Industry Diveパブリッシャーネットワークを通じてライセンスされたものです。ライセンスに関するお問い合わせはlegal@industrydive.comにお願いいたします。

スモールビジネスを成長させるというのは、常に努力や高い貢献意欲、そして熱心さが求められる、困難な仕事です。幸いなことに、現在はテクノロジーのおかげで時代遅れの慣習は一新されています。生活のあらゆる場面でテクノロジーの役割は必要不可欠なものとなっていますが、それはビジネスにおいても例外ではありません。日を追うごとに、われわれのビジネスはテクノロジーへの依存度が高まっています。

「テクノロジーによる中小企業の成長」と言っても、そのあり方は多種多様です。テクノロジーは、原材料の段階から、最終消費者に向けた効果的なマーケティングやアウトリーチまで、あらゆる場面で活用されるからです。製造工程ばかりでなく、広告や消費者からのフィードバック収集にも活用できます。レストランから小売店、フィットネストレーナー、農家まで、中小企業は成長のために新たなツールを取り入れています。こうした側面と効果を考えると、テクノロジーが中小企業の成功を加速させる足がかりになることは確実です。ここでは、テクノロジーによって中小企業を成長させる10のアイデアを紹介します。

Software as a Service(サービスとしてのソフトウエア)

テクノロジーは、中小企業経営の負荷を軽減してきました。オンデマンド・ソフトウエアとも呼ばれる「Software as a Service(SaaS)」は、経営者を支えるさまざまなITサービスです。日々の業務の課題を解決したり、プロセスを最適化したりします。例えば、家の掃除を面倒だと思っている人は多いでしょう。そこでハウスキーピング事業を立ち上げるとしたら、清掃業者向けのソフトウエアを使ってタスクやスケジュールの管理、スタッフの採用を行うことができます。こうしたツールは、非常に手頃な価格で業務プロセスの統合やメンテナンスを実現でき、人件費・時間の節約や生産性向上に役立ちます。日々の活動が記録され、いつでも閲覧できることも大きなメリットです。

ソーシャルメディアを活用したマーケティング

限られたリソースで中小企業を成長させるもう一つの方法は、デジタルマーケティングとしてソーシャルメディアの力を利用することです。物理的に事業を宣伝する必要はもはやありません。ソーシャルメディアで積極的にコンテンツを更新していくことで、効果的かつ短時間で顧客や市場とのつながりを深められます。どんなビジネスにおいても、一番大切なのは顧客です。ソーシャルメディアの活用は、約25年前には大変だった顧客分析にも有効で、ひいては売り手としての魅力の向上にもつながります。

クラウドへのデータ保存

インターネット空間にデータを保存することは、どのような事業でも必須になってきています。クラウドストレージの台頭により、新たなデータの保存方法が確立しました。文書をクラウドに保存しておけば誰もがどこからでもアクセスできるほか、自動バックアップを実行したり、データを無制限に保存したり、一つのファイル上で同時に作業したりすることも可能です。リソースの少ない中小企業にとって、クラウドストレージの導入は理にかなった選択と言えます。

ビジネス管理ソフトウエア

企業規模の大小にかかわらず、ビジネス管理ソフトウエアはすべての活動を常に管理することができます。さらに一度に複数のことを処理することも可能です。そのため、ビジネス管理ソフトウエアを使用して物事を把握することは理にかなっています。さまざまな人が関わるビジネスでは、情報伝達の際に誤解が生じやすくなります。ソフトウエアを活用することでストレージやファイル、フィードバックなどの共有リソースに一元的にアクセスできるようになります。

柔軟な職場環境

テクノロジーはあらゆる物事を可能にします。中小企業の経営者は、世界のどこにいても事業を運営できるようになりました。多くの従業員は、オフィスや自宅など場所に縛られずに働けるという便利さを喜んで受け入れています。一カ所にとどまっていては必要なスキルを持つ人材を見つけられなくても、市場全体から人材を採用するチャンスを得られます。テクノロジーは急速な発展を遂げ、今や志を同じくする世界中の人々とリモートで働くことも可能になりました。中小企業にとってテクノロジーは、世界を舞台として競争力を高めるための支えとなります。

オンライン決済システム

フィンテックブームの中で、オンライン決済システムも誕生しています。そのおかげで、中小企業の日常はずっと楽になりました。小切手や現金を使わずに、通信技術を通じて銀行取引を行うことができます。電子決済の選択肢としては、振り込みや送金、カード決済、デジタルウォレット、モバイル決済などです。その魅力的な特徴から、多くの中小企業はオンライン決済を好んで利用しています。

セキュリティーの強化

セキュリティー上の脅威は、大企業だけの問題ではありません。中小企業も脆弱(ぜいじゃく)性の影響を受けやすくなってきています。大企業であれば膨大なリソースにより対応できるセキュリティー侵害の問題も、中小企業にとっては存続が危ぶまれる事態になりかねません。テクノロジーの進歩により、意図しない不正アクセスは防げるようになりました。情報技術の活用で、中小企業経営者の貴重な情報を守れるのです。

分析ツール

オンラインユーザーが増える中、Webサイトは店頭としての役割を果たすようになりました。オンラインストアの場合、Webサイトこそが事業のパフォーマンスを決める主要な要素となります。分析ツールを使えば、現状の有効性を判断でき、さらには閲覧者数を正確に測定することも可能です。こうしたツールの活用で、顧客が商品を注文しにサイトを訪れる裏で、より良い改善策を行えるようになります。

自動化がもたらす生産性

テクノロジーの活用は、人員や資金の再配置を可能にします。特に中小企業は、技術的な変化を素早く取り入れて業務を自動化することで、ヒューマンエラーを最小限にすることが可能です。中小企業の作業の自動化を支援するソフトウエアアプリケーションは多くあり、その用途も、売り上げの把握と記録、在庫管理、問い合わせへの対応や内容のレポート作成などさまざまです。こうした機能を生かすことで、中小企業は競争戦略に注力し、生産性を高めることができます。

コスト削減

企業に多くのメリットをもたらしているテクノロジーですが、最も重要なものの一つは、中小企業やグローバル企業にとってのコスト削減です。生産性の向上で、さまざまな企業が少ない従業員でより多くの業務をこなせるようになると、結果として人件費の削減につながることになります。また、コミュニケーションツールの進歩による出張費の削減や、オンラインストレージの導入でサーバー管理費の引き下げも可能です。このように事業におけるテクノロジーの適切な活用は、支出を大幅に軽減できます。さらに事業を成功に導き、維持するのにも有効です。

まとめ

紹介したアイデアはいずれも、人々の使える時間を増やしてより多くのことを実現してくれるもの。テクノロジーを活用することで、中小企業は成長のための時間と資金を得られます。そして企業のパフォーマンスを全体的に向上できるため、テクノロジーは今や中小企業にとって不可欠な存在です。自社の有効性や生産性、コミュニケーション、機密データのセキュリティーといった事業運営のすべての側面に影響を及ぼし、中小企業の成長プロセスを横にも縦にも加速させます。求める結果の実現に向け、目に見えるメリットと目には見えないメリットの両方をもたらします。こうしたテクノロジーを取り入れることで、より迅速に、上手に働けるようになるのです。

サステナビリティ

事業を通じた社会課題への貢献

ページの先頭へ

ページの先頭へ