製造業のIoT導入における現状と未来

f:id:ORIX:20220113175719j:plain

[Publisher] TechBullion

この記事はTechBullionのSaad Ullahが執筆し、Industry Diveパブリッシャーネットワークを通じてライセンスされたものです。ライセンスに関するお問い合わせはlegal@industrydive.comにお願いいたします。

この記事にはスポンサー付きコンテンツが含まれています。

この数年間で、IoT(モノのインターネット)という言葉を一度は目にしたことがあると思います。今後はますますデバイスがインターネットに接続されて膨大なデータを収集できるようになり、企業においても事業活動を最適化するための貴重なフィードバックを得られるでしょう。  

一部の企業や業界は、業務の最適化や競合優位性の獲得・維持の手段としてIoTの可能性に注目しています。その一つが製造業です。ここでは製造業におけるIoT活用の現状と未来について探ります。 

競争力維持を図る製造業がIoTに注目する理由  

製造業でのIoT導入は増加していますが、それには納得できる理由があります。製品のカスタム対応による品種の増加や製品の質と量など、高い要望に応えるべく運用が複雑化する中で、メーカーは新たな課題に対して競争力を維持するための革新的な方法を模索することが求められているからです。

近年、製造業向けIoTソリューションは目覚ましい進化を遂げており、企業は業務のデジタル化を推進するメリットを無視することはできません。製造業でIoTと関連アプリケーションの導入が進む背景には、以下のような要因が挙げられます。 

1)管理とコントロールの向上

IoTトラッキングは従業員にリアルタイムなフィードバックを提供し、在庫状況や原材料の需要、機器の使用状況など、アプリケーションによる正しい情報に基づいた意思決定の改善を促します。IoTは製造現場のあらゆる機器や設備をインターネット接続して全体の稼働状況を可視化できるため、サプライチェーンの管理者はさまざまなインプットとアウトプットの流れについて、十分な情報を得ることができるのです。

2) 運用コストの合理化

IoTを導入することで、メーカーは生産設備のメンテナンスタイミングを予測、計画し、運用コストの主要な原因の一つである生産設備の停止時間であるダウンタイムを最小限に抑えることができます。IoTから得られるデータに基づいた提案は、人員のスケジューリング、エネルギー使用量の最適化、在庫管理の改善による保管コストの削減にも役立ちます。  

3)作業者の安全性向上

IoTは安全レベルのモニタリングにも有効です。センサーやウエアラブルデバイスを使用して機器や従業員のデータを収集することで、管理者はより安全な作業環境を提供し、事故発生リスクの低減に向けた取り組みを計画することができます。 

4) 顧客満足度向上へのプラスの影響

高度なカスタマイズを求める顧客の需要は高まっていますが、IoTデバイスは数量や価格に影響を与えることなく、高い品質や顧客満足度の維持・向上につながる改善をもたらします。例えばコネクテッドデバイスは、人為的なミスを防止したり、サプライチェーン上の不良品や材料不良を早急に特定したりするのに有用です。

まとめ

製造業におけるIoTの未来はどうなっていくのでしょうか? 既存のさまざまなソリューションやアプリケーションが、メーカーと顧客の双方に貢献する大規模な運用改善を実現し、業界全体に変革を起こしていることは明らかです。今後もその傾向は続くと予想され、製造業におけるIoTの導入と活用が、メーカーの未来の明暗を分ける重要な役割を果たすと言っても過言ではないでしょう。

産業/ICT機器関連事業・サービス

ストック型・循環型社会の形成

スマートでレジリエントな社会の実現

事業活動を通じた社会課題への貢献

ページの先頭へ

ページの先頭へ