リスクを予見し、先回りして事業を守ろう

f:id:ORIX:20201019145756j:plain

[Publisher] TechBullion

この記事はTechBullionのSuzanne Ellyが執筆し、Industry Diveパブリッシャーネットワークを通じてライセンスされたものです。ライセンスに関するお問い合わせはlegal@industrydive.comにお願いいたします

事業主なら、きっと自分の事業を守りたいと思うはず。それなら、先を見越した行動をとるべきです。問題が起こる前に今、適切な対策をとり、さまざまなリスクによる業績の落ち込みを防ぎましょう。

f:id:ORIX:20201019145739j:plain

従業員に対する情報セキュリティー指導

新たに従業員を迎え入れ、事業の全体像をつかんでもらえたとしても、そこで終わってはいけません。ウォール・ストリート・ジャーナル紙に引用された数々の研究によると、ヒューマンエラーは情報漏えいの最大の原因となっています。従業員や顧客、企業の情報を安全に守る方法や最新のテクノロジーについて、従業員に対する継続的な教育が必要です。

新たなデータフィッシングの手口や、取引時に得た顧客の財務情報の適切な扱い方についても従業員に対して常に意識啓発を行い、ヒューマンエラーのリスクを最小化しましょう。従業員が定年などによる退職時や転職時には、情報漏えいのリスクを避けるため、アカウント情報をすぐに更新しましょう。

電子セキュリティー

f:id:ORIX:20201019145743j:plain

個人の文書や事業に関する各種書類、財務諸表などをオンラインに保存しているケースもあるかもしれません。ですが、それらはきちんと守れているでしょうか?オンラインの情報を狙うサイバーテロは、企業のデータにアクセスするあらゆる手段を試しています。狙われているのは中小企業も同じです。Small Business Trends誌に引用されたEmailage社の報告によると、小規模事業者の48%が自分たちは小さすぎてサイバー攻撃の標的にはならないと考えている一方、小規模事業の間でも毎年数百万ドル(数億円)もの被害が出ているのです。

事業や従業員の情報に鍵をかけてしっかりと守るために、プライバシーやオンラインセキュリティーの機能がまるごと入った技術の導入に注目が集まっています。例えばノートンLifeLockは、銀行並みの暗号化レベルによって常時、脅威から情報を守ることができます。また、パスワードを保存したり覚えたりするストレスから解放してくれるパスワード管理機能や、ランサムウエアやデバイスの盗難時に重要なファイルを危険から守るバックアップストレージの機能も備わっています。

防犯アラーム

f:id:ORIX:20201019145747j:plain

火災報知器は、事業が灰じんと化してしまうのを防いでくれます。消火器は一つ一つ定期的に点検し、本当に緊急事態が訪れたときには、従業員の誰もが消火に動けるようにしましょう。消火器の使い方についても従業員に教えておきましょう。ただし、そこで終わってはいけません。

防犯アラームは、窃盗犯を追い払う役割を果たします。自社に合うシステムを導入し、不法侵入を防ぎましょう。窃盗犯が侵入を思いとどまるように、窓ガラスが割れたときに鳴る警報装置や窓用のセンサー、人感センサーなどから「これだ」というものを選びましょう。

防犯カメラ

f:id:ORIX:20201019145751j:plain

見えないものは、防ぎようがありません。公認不正検査士協会の世界不正調査報告では、標準的な組織は毎年収益の5%を不正行為で失っていることが報告されています。店舗の周囲に戦略的に設置された防犯カメラは、犯罪を防ぎ、従業員がレジのお金に手を付けるような事態を回避するのに役立ちます。

在庫置き場や備品室などの重要なエリアにはカメラを設置し、事業の資産を監視しましょう。カメラは駐車場や路地、裏口にも設置します。防犯カメラがあれば、従業員や顧客が犯罪をたくらんでいたとしても、考え直すはずです。

事業を守る

攻撃者は待ってくれません。今すぐに行動を起こして損失や窃盗の被害を防ぎ、泥棒や災害から事業を守りましょう。その方法は、従業員に対して継続的に教育を行うこと、機密情報を保護する技術に投資すること、一瞬たりとも見逃さないために防犯アラームやカメラを設置すること、などが挙げられます。企業のセキュリティー対策は、先回りしておくものです。そうすれば、あとから出費をせずに済むかもしれません。

スマートでレジリエントな社会の実現

事業を通じた社会課題への貢献

ページの先頭へ

ページの先頭へ