達成できる目標がより良い生活をもたらすという研究結果が明らかに

f:id:ORIX:20190513111045j:plain

[publisher] THE Health Site

この記事は、Health.India.comのエージェンシーが執筆し、NewsCred パブリッシャーネットワークを通じてライセンスされたものです。ライセンスに関するお問い合わせはlegal@newscred.comにお願いいたします。

最近の研究によると、自分の目標を達成可能なものだと考えることが、その後の生活の充実に繋がることが分かっています。

生活における目標が本人にとって何を意味するのかということが鍵であると示されています。言い換えれば、自分にとって現実的な目標を設定すれば、より良い生活を期待できるのです。

ヨーロピアンパーソナリティージャーナルに掲載された今回の研究では、個人的な目標を達成可能なものとして認識することが、その後の生活の充実を測る指標となるということを明らかにしています。

筆頭著者であるバーゼル大学のジャニナ・ビューラー氏は、「私たちの研究結果の多くは、発達心理学における理論上の仮定を裏付けるものとなりました」と話します。

調査チームはこの研究のために、成人を対象に目標が日々の生活にどのように入り込んでいるかについて詳細な調査を行いました。

この調査では、18歳から92歳までの973人のデータが使用され、対象者の半数以上について2年後と4年後に再調査が行われました。

対象者は、健康、地域コミュニティ、個人的な成長、人間関係、名声、イメージ、財産、家族、若い世代への責任とケア、仕事という10の分野における目標の重要性と、達成の可能性を4段階で評価しました。

調査結果では「目標についてコントロールできており、達成可能である感覚を持っている場合に、最も満足を感じる」ということが示されました。興味深いことに、目標の重要性は、予想していたよりもその後の生活の充実にはあまり関連がありませんでした。

さらに、人間関係に関する目標または健康に関する目標を設定した対象者は、自身の人間関係や健康により満足していました。

調査結果より、目標とその後の生活の充実は、対象者の年齢とは関連していないということも分かりました。

免責事項:TheHealthSite.comは、ここに記載されている方法の結果として特定の結果を保証するものではなく、その結果は個人により異なる場合があります。このウェブサイトに含まれるテキスト、グラフィック、ビデオ、その他の資料を含むこれらのページのトピックは情報提供のみを目的としており、専門の医療アドバイスに代わるものではありません。

ページの先頭へ

ページの先頭へ