Business Design

地域に根差す「企業価値」を未来に繋ぐ 事業承継で

「もはや廃業するしかないのか――」。こうした悩みを抱える中小企業オーナーは少なくない。地域で長く経営を続け、事業そのものは安定している。しかし、後継者がいない。オーナー自らが限界まで経営を粘り続けて廃業という幕引きを図らざるを得ないのか?

オリックスのホテル・旅館運営事業が見据える「ポスト2020」の宿泊

オリックスが、実はホテルや旅館の運営を行っているのをご存知だろうか。2002年に手がけた老舗旅館「別府 杉乃井ホテル」の再生事業を皮切りに、現在では全国でさまざまなスタイルのホテルや旅館を運営している。

戦争、テロ、経済危機。幾多の危機を乗り越えたオリックスの航空機事業

すべての航空機が航空会社のものというわけではない。2018年現在、世界で飛んでいる航空機の約40%がリース機体であり(※1)、航空業界にリースはなくてはならない存在だ。 現在、オリックスは200機以上の航空機を保有・管理し、世界32カ国、70社(※2018年5…

オリックスが成長分野の一つと捉える「農事業」最前線

2004年以降、オリックスグループは全国5カ所に野菜の生産拠点を展開。青果物の流通事業への参入を念頭に、農事業の経験とノウハウを蓄積してきた。2016年にはオリックス・フードサプライを設立し、提携生産者からの青果物の仕入れや販売にも取り組んでいる。…

資源輸入大国、ニッポンの海運を支える力

しょうゆや味噌の原料である大豆、発電の燃料である石炭。 ご存知のように食料やエネルギー自給率が低い私たちの国では、資源の大半を輸入に頼っています。 そして、これらの資源を海外から運んでくるのは、バルカーと呼ばれる貨物船。 このバルカーを安定的…

地域に根差す老舗旅館が生まれ変わるまで

「子どもたちのリクエストで、家族旅行はほとんどここ」 「露天風呂から見渡せる会津の城下町は絶景!」 「バイキングの品数が多いのが嬉しい!」 ここは福島県会津若松市にある「御宿 東鳳(おんやど とうほう)」。 創業50年以上の歴史を持つ福島県三大温…

空の旅を身近にする、航空機リースとは

「東京-札幌が片道5,990円」「大阪-台湾が片道7,980円」などと、衝撃的な価格で世間をあっと言わせたLCC(格安航空会社)。大手航空会社も新規路線を拡充するなど、昨今、航空業界のニュースをよく耳にするようになりました。 旅行者やビジネスマンにとって…

道内最大級のレンタカー店舗をつくった訳は…

「ご予約のお客さまですね。ご利用は、2泊3日でよろしいでしょうか?」 「係りの者がご案内いたします。どうぞ、良いご旅行を。」 ホテルのロビーのように見えますが・・・ ここは、オリックスレンタカー新千歳空港店。敷地は東京ドームの約半分の広さがあり…

街中に、公園のような水族館をつくる工夫

東京スカイツリー®のふもとにあるすみだ水族館。 一見、都会的で洗練された水族館だと思われるかもしれませんが、私たちが目指している姿はそれだけではありません。 「また来たくなる」水族館。 水族館を記憶に残る、そして居心地のよい空間にすることが私…

ページの先頭へ

ページの先頭へ