基本的な考え方

オリックスの人材戦略

「Keep Mixed」という考えのもと、社員それぞれの能力・専門性を最大限に生かす

オリックスにとって、最も大切な財産は「人」です。国籍、年齢、性別、職歴問わず、多様な人材を受け入れることで多様な価値観や専門性による「知の融合」を図り、新たな価値を生み出す「Keep Mixed」という考えのもと、社員それぞれの能力を最大限に生かせる職場づくりを目指しています。具体的には、働きがいのある職場づくりの一環として、多様な働き方を尊重し、社会情勢に先駆けた形で職場環境の整備、人事制度の改革を行っています。また、チャレンジする人にチャンスを与え、グローバルで活躍できる人材の育成を強化しています。

目指すべき人材像

Creativity~絶えず新たなビジネスを自ら作り出す人材~

オリックスは、事業を通じて社会に貢献していきたいと考え、世の中のニーズを察知し、常に新しいビジネスを追求するため、さまざまな個性を持った人材が知恵を出し合いながら、先進的な商品・サービスをご提供してきました。これからも、社会に必要とされる企業であるために、固定観念にとらわれることなく、柔軟性を持ち、絶えず新たなビジネスを自ら創り出す人材を求めています。

Challenge~高い専門性を身に付け、チャレンジし続けられる人材~

新しいビジネスを創り出すためには、社員一人一人が失敗を恐れず、新しいことに「チャレンジ」しようと思う前向きな気持ちが大切だと考えています。また、私たちの舞台には、さまざまな専門性が必要とされているため、それぞれのキャリアの中で高い専門性を身につけながら、常に新しいことにチャレンジし続けられる人材を求めています。

Team Play ~多様な価値観を認め、周囲を巻き込みながら主体的に行動できる人材

オリックスは、幅広い専門性を持つ事業部門同士で知恵を出し合い、チームプレーを駆使することで事業を広げてきました。そのため、多様な価値観を認め、周囲を巻き込みながら主体的に行動し、チームプレーを発揮できる人材を求めています。

ダイバーシティの推進とワークライフバランスの向上

オリックスでは、Keep Mixedを実現するために、ダイバーシティの推進価値ある職場づくり(ワークライフバランスの向上)に取り組んでいます。

ダイバーシティの推進

オリックスのさらなる成長のためには、社員一人一人が培った経験や知識をさらに高め、継続的に発揮し伝承していくことが不可欠だと考えています。一方で、定年延長や夫婦共働き世帯の増加、女性活躍推進法の施行など、世の中の環境変化に伴い、働き方の多様な選択肢へのニーズが益々高まっています。社員それぞれの能力や専門性を最大限に生かせる職場づくりを目指し、社員のライフイベントなどに応じた働き方の多様性や自由度を高め、ダイバーシティのさらなる推進を図っています。

女性活躍推進

オリックスでは、男女雇用機会均等法が成立する3年前の1982年から、大卒の女性を総合職として採用し始めるなど、いち早く女性の活躍推進に取り組んできました。それに合わせて人事制度も拡張してきましたが、制度の拡充だけでなく、戦略的に社員の意識改革を促す取り組みも積極的に行っています。そこで、社員の約4割を占める女性のさらなる活躍推進を図り、経営幹部を担う女性の増加、ワークライフバランスを保ちながら活躍できる環境の充実などを目標として、次のように女性活躍推進の行動計画を策定しています。

オリックスの「女性活躍推進の行動計画」
目標 女性管理職比率を2020年までに18%(2014年3月31日時点)から5%引き上げる
主な取り組み
  • 女性採用数の一定の確保
    (2017年度実績:38人、全採用人数の50.6%)※1
  • 女性管理職候補者の育成を目的としたキャリアプランの策定と、若手社員向けセミナーやワークショップの実施
  • 次世代を担う女性幹部候補者の育成を目的とした、プログラムや研修の実施
実績※2
  • 管理職に占める女性管理職比率21.1%(360名)
  • 女性社員に占めるワーキングマザー比率40.3%(622名)
  • 2017年度に出産した女性社員に占める育休取得者比率97.5%(78名)
  • 女性社員に占める短時間勤務利用者比率13.1%(202名)
  1. 女性採用実績は新卒採用の数値で、2017年4月~2018年3月末時点の実績。
  2. 実績は、2018年3月末時点。

女性活躍推進に関する制度については、仕事と家庭の両立支援キャリア形成支援 を、人材育成については、キャリアデザイン(女性社員向け)、キャリアデザイン(仕事と家庭の両立支援)をご覧ください。

シニア社員の活躍推進

オリックスでは、社員一人一人が有意義に過ごすことが企業の組織力・活力を高めることにつながると考え、50歳以上の社員に向けてキャリアデザイン研修の実施や、これまで培ってきた強みや経験を生かす機会として、57歳以上のシニア社員向け社内公募を実施しています。

障がい者雇用促進

出力された契約書を製本·封入·発送まで行う作業

オリックスでは、障がい者雇用を促進するため、2007年4月に「オリックス業務支援株式会社(特例子会社)」を設立しました。現在、東京(立川)と大阪の2カ所に事業所があり、グループ各社より定型業務を受託することにより、オリックスグループの業務効率の推進に寄与しています。2018年3月31日現在、47名の障がい者と6名の指導員が勤務しており、契約書製本、保管文書のPDF化、DM封入、データ入力などの事務代行業務、およびカーシェアリング車両の洗車・点検、事務所内などの清掃業務に従事しています。

外国人の採用

オリックスでは、グローバルに活躍する人材を採用するため、2016年度からは日本国内の留学生のみならず、台湾と韓国での現地採用も実施しています。現地の就職フェアへの参加や大学へ訪問し、直接会社説明を行うなど、多様な価値観を持つ学生の採用に力を入れています。

留学生の内定者座談会新しいウィンドウで開きます。

価値ある職場づくり(ワークライフバランスの向上)

多様な価値観を持った社員が、健康的に安心して働くことができる職場環境の実現に向けて、これまでもワークライフバランスの向上に取り組んできました。2016年からは、さらなる向上に向けてCEO直轄の「職場改革プロジェクト」が始動しており、今後も働き方支援施策の拡充、改善と社員の意識啓発に取り組んでいきます。

働き方改革の推進

2016年10月、長時間労働を是正し、生産性を向上することで、多様な人材が活躍できる職場を作り、多様な働き方を認め合う文化を醸成していくことを目的として、「職場改革プロジェクト」をスタートしました。主要グループ会社10社、約120人の社員で委員会を立ち上げ、約半年の期間をかけて課題・施策を検討し、約120の施策が提言されました。2017年4月からはこれらの提言内容を精査し、実行フェーズとして「職場改革推進プロジェクト」へ名前を変更、改革を実行・推進しています。

働き方改革プロジェクトのメンバー

職場環境の充実

生産性向上と長時間労働の是正を目的に、2017年4月から所定就業時間を17時20分から17時へ変更しました。また、年次有給休暇取得率が80%以上となるよう促す施策として、社員のリフレッシュを目的としたリフレッシュ休暇取得奨励金制度を新設しています。

  • 年次有給休暇取得率=1年間の年次有給休暇取得日数÷当年度に新たに付与された年次有給休暇日数

仕事と家庭の両立支援

仕事と家庭の両立を支援するため、結婚、出産、育児、介護などのライフイベントに応じた柔軟な働き方を実現するためのさまざまな制度を設けています。詳しくは、仕事と家庭の両立支援キャリア形成支援(キャリアセレクト制度、配偶者転勤エリア制度、配偶者転勤休職制度)をご覧ください。

また、制度面での支援に加え、両立のための心がけなど、より具体的な悩みに応えるべく、出産・育児休職者向けのセミナーを行っています。2016年度からは育児中の社員を対象とした夫婦で仕事と家庭の両立を考える夫婦で考えるキャリアセミナーや、家族の介護に関する介護セミナー等も実施しています。

ワークライフバランスに関する制度・施策については、仕事と家庭の両立支援 ワークライフバランスの向上 をご覧ください。

ページの先頭へ

ページの先頭へ