コミュニケーション

オリックスグループでは、社員とのコミュニケーションを大切にするために、さまざまな取り組みを行っています。

社内報

オリックスグループでは、トップメッセージの発信、グループの一体感醸成のために、グループ共通のWeb版社内報を運営しています。Web版のため情報発信は日時で行っています。また一方的な情報発信ではなく、双方向コミュニケーションができるよう、コメント入力機能も持たせており、社内のコミュニケーションが活発化するような運営を目指しています。

従業員意識調査(モラルサーベイ)

オリックスグループでは、社員が仕事や会社に対して日ごろどのように感じているかを調査し、今後のさまざまな施策に生かすため、2004年以降、モラルサーベイを実施しています。2018年の調査では、主要グループ会社10社※の社員を対象に実施し、調査結果を社内に公開しています。

  • オリックス、オリックス自動車、オリックス・レンテック、オリックス生命、オリックス銀行、オリックス・クレジット、オリックス不動産、オリックス債権回収、オリックス・システム、オリックス環境

表彰制度

オリックスグループでは、年1回、通期の目標の達成度合いに加え、数字には表れてこないオリックスらしい工夫や協業、次の成長に結びつく新たなチャレンジをした部門を表彰しています。表彰時は、トップマネジメントが受賞部門に出向き、社員との交流を図り、直接対話する機会となっています。双方向に意見交換することによって、トップマネジメントをより身近に感じてもらうだけでなく、社員の声を経営に生かすことを目的としています。
また、受賞部門には賞金とオリジナルグッズを贈呈しています。
2019年3月期は、最優秀賞2部門、優秀賞22部門を選定しました。

オリックス・バファローズ グループ社員応援デー

オリックスグループでは、年に1回、各職場の活性化や一体感を高める目的として、東京・大阪でオリックス・バファローズ グループ社員応援デーを実施しており、社員およびその扶養家族(3歳以上)の観戦チケット代を全額会社負担しています。また、該当エリア外に勤務している社員に対しては、社員および家族の親睦を目的とした行事(野球観戦、懇親会、会食、ボーリング大会等)に対して、費用を支給しています。

クラブ活動

オリックスグループでは、グループ各社にとどまらない社員間の交流を目的として、クラブ活動に対する補助金支給を行っています。支給の対象は施設利用料の一部や大会参加費、登録費を全額負担しています。2019年4月時点で、35のクラブがあり、スポーツ関連クラブから文化関連クラブまで、幅広い分野のクラブが活動しています。

グループ各社の取り組み

オリックス生命

  • 社内報

    オリックス生命では、社内報発行(冊子)以外に、会社内のイベント等をスピーディに発信できるようウェブ社内報を運用し、イントラネット上でいつでも閲覧できるようにしています。ここでは、トップマネジメントも定期的に情報発信を行っており、会社全体の一体感醸成に役立てています。

  • 社内表彰制度

    オリックス生命では、2016年度より、お客さま、募集人の皆さま、会社に貢献した社員、または部門を表彰する「社長表彰制度」を制定しました。トップマネジメント自らが表彰する機会を設けています。

オリックス銀行

オリックス銀行では、月に一度、派遣社員やアルバイトを含む全社員を対象に気軽に回答ができる匿名アンケートを実施しています。「あなたの仕事の成果」「モチベーション」「周囲とのコミュニケーション」「チームの雰囲気」など四つの設問に対して、選択肢は「晴れ」「曇り」「雨」などの天気を指標としています。また、アンケートには自由にコメントができる欄が設けられ、会社への要望を無記名で記入することができます。自分自身やチームの状況を直感的かつ客観的に振り返り、コミュニケーションツールとして活用したり、業務や職場環境の改善提案など会社への要望を直接経営層に伝えることに役立てています。
また、定期的に、トップマネジメントと若手・中堅社員、中途社員、新入社員の懇親会を実施し、直接トップマネジメントとコミュニケーションを図る機会を設けています。

オリックス・ビジネスセンター沖縄

  • 社内報

    オリックス・ビジネスセンター沖縄では、イントラネットを活用して会社内のイベントや各部署での取り組みを紹介する社内報を、月に1回配信し、社内のコミュニケーション活性化に繋げています。

  • 社内表彰制度

    オリックス・ビジネスセンター沖縄では、仕事に「楽しみ」の要素を加えながら業務改善やチームワークの強化を図ることを狙って、社内表彰制度を取り入れています。部署ごとにテーマと目標を定め、目標達成に向けて工夫を凝らしたさまざまな取り組みを行っており、また、これらの取り組みは会議や社内報を通じて全社で共有し、会社全体の活性化に繋げています。

  • KUKURU

    オリックス・ビジネスセンター沖縄では、会社のこれまでの歴史の中で育まれ、未来へと継承・進化させていくべき共通の価値観を明文化し、「KUKURU」と名付けました。この価値観「KUKURU」をキーワードに、職場で生まれた実際のエピソードを集め、冊子やイントラネットを通じて発信し、社員の士気向上や組織へのロイヤリティの醸成に繋げています。また、KUKURUについて考えるワークショップや研修を開催し、部門を越えた社員交流も推進しています。(”KUKURU(くくる)”とは、沖縄の言葉で”心“を意味します。)

ページの先頭へ

ページの先頭へ