地域活性化

オリックスでは、コンセッション事業、農事業、旅館・ホテル運営事業などを通じて、地域の活性化に貢献しています。コンセッション事業のうち空港運営では、地域の企業や自治体と連携してビジネスや観光需要の増加に取り組んでいます。農事業においては、大規模水耕栽培施設や完全人工光植物工場などの新しい事業形態でのビジネスモデルの創造に取り組み、日本の農業の発展に寄与することを目指しています。また、旅館・ホテル運営事業による各地の観光客増加への貢献は、地元取引先の経営安定や、雇用機会の創出にもつながっています。

コンセッション事業

コンセッションとは、空港や道路・上下水道などの公共施設について、施設の所有権を公的機関に残したまま、運営を民間事業者が担う事業形態です。日本政府は経済活性化と財政健全化に向けてコンセッションを推進しており、インフラ老朽化、人口減という社会全体の課題への対応として、オリックスも積極的に取り組んでいる分野です。
オリックスにおけるコンセッション事業の第1号は、関西国際空港および大阪国際空港(伊丹空港)の運営で、これは国内初の民間による本格的な空港運営事業となりました。オリックスとフランスのVINCI Airports(ヴァンシ・エアポート)を中核とするコンソーシアムにより設立された関西エアポート株式会社は、2016年4月1日より両空港の運営を開始しました。また、子会社を通じて2018年4月1日より神戸空港の運営も開始しました。関西国際空港と大阪国際空港の事業期間は44年間、神戸空港は同42年間と長期にわたり運営を行いますが、民間企業としての創意工夫・ダイナミズムと公共インフラの担い手としての社会的責任のバランスを取りつつ、3空港および空港が所在する関西地域の継続的な発展を目指します。
航空路線や利用客の増加には、空港だけではなく、空港周辺の魅力を高めることも必要です。関西エアポート株式会社では、空港施設の充実に向けた取り組みを継続的に行うとともに、地域の企業や自治体とも連携してビジネスや観光の需要を高めることにも取り組んでいます。
静岡県浜松市では、上下水道分野におけるコンセッション方式の国内第1号案件となる浜松市公共下水道終末処理場(西遠処理区)の運営事業が2018年4月1日より開始されました。運営会社は、フランスのVeolia(ヴェオリア)社の日本法人が中心となりオリックスや地元企業等で設立した浜松ウォーターシンフォニー株式会社(HWS)で、事業期間は20年間です。HWSの株主各社が有するノウハウを最大限に活用し、市民の皆さまに安全・安心な下水道サービスを提供することを目指します。また、環境に配慮した事業運営方針のもとで環境負荷低減を推進するとともに、地域産業を支える活動や地域イベントへの参画を行うなど、浜松市における持続可能な社会実現のための施策にも取り組んでいきます。

関連リンク

農事業

オリックスでは、規制改革や事業環境の変化が見込まれる農業を長期的な成長分野の一つとして捉え、競争力と付加価値の高い農業の展開を通じて、地域経済の発展に貢献することを目指しています。

オリックス農業株式会社(2014年2月設立)
兵庫県では、廃校を有効利用した完全人工光型の植物工場を運営し、リーフレタスなどを生産しています。工場内は外気を遮断し無農薬栽培が可能で、異物混入のリスクが少なく、季節や天候の影響を受けにくいのが特徴です。また生菌数が少ないため、洗浄工程コストが削減でき、環境への負荷低減や、栄養価を保つこともできます。連作障害の心配もないため、高効率で安定した生産が可能となっています。廃校の有効利用で過疎地化する地方に新たな雇用を生み、徹底した衛生管理のもと、安全・安心でおいしい野菜の生産と安定供給を行っています。

オリックス八ヶ岳農園株式会社(2015年4月設立)
長野県では、株式会社本多園芸と共同で農業法人を設立し、自然光を利用した水耕栽培施設において、サラダほうれん草などの葉物野菜の生産に取り組んでいます。ハウス内の環境制御と養液管理を行うことで、季節にかかわらず一年を通じた周年栽培が可能となり、年間19作の効率的な生産と地域での安定的な雇用創出を実現しています。生産した野菜は、オリックスグループの営業ネットワークを活用して、小売業や飲食業、食品メーカーなどのお客さまに直接販売しています。今後は、より安定的な生産体制を構築するとともに、効率的な流通販売モデルを確立することで、農事業の活性化を通じた地域社会への貢献と地域雇用の拡大を目指します。

やぶファーム株式会社(2015年6月設立)
兵庫県養父市では、養父市100%出資のやぶパートナーズ株式会社、JAたじま、地元農業者との共同出資により、農地所有適格法人を運営しています。養父市での生産・販売・物流が一体となった協力体制を確立し、中山間地域と呼ばれる農業の条件不利地域における新たな農業ビジネスモデルの構築に取り組んでいます。
中山間地域は、国土の約73%、耕地面積の約40%を占めており、やぶファームは、養父市と同じ問題を抱える全国各地に、中山間地域農業のモデルを示すべく、安全・安心でおいしい野菜の生産、および野菜の新たなサプライチェーンの構築を行い、日本の農業をビジネス化し、地域活性化を推進しています。

法人設立 法人名 生産地 出資比率 事業概要
2014年2月 オリックス農業株式会社 兵庫県養父市 オリックス100% 完全人工光型植物工場にて、リーフレタスなどを栽培
2015年4月 オリックス八ヶ岳農園株式会社 長野県諏訪郡富士見町 オリックス97%
本多園芸3%
水耕栽培施設にて、ホウレンソウ、春菊、クレソン、ルッコラなどの葉物野菜を栽培
2015年6月 やぶファーム株式会社 兵庫県養父市 オリックス農業46%
たじま農業協同組合17%
やぶパートナーズ3%
地元農家34%
露地栽培にて米を栽培。水耕栽培施設にて、ホウレンソウ、春菊、クレソンなどの葉物野菜を栽培

2016年7月には青果流通事業を目的としたオリックス・フードサプライを設立し、同社を通じて、自社生産の野菜を中心に、青果物の仕入れ・販売にも取り組んでいます。また、2017年7月には、全国に青果流通網を構築する株式会社ファーマインドと資本業務提携しました。
自社生産で培ったノウハウと、生産者と小売業者などをつなげ青果を全国へ安定供給する流通網の活用により、農事業ビジネスのさらなる拡大を図ります。

関連リンク

旅館・ホテル運営事業

オリックス不動産では、2002年に取得した「杉乃井ホテル(現 別府温泉 杉乃井ホテル)」の再生支援以降、地域の特色や魅力を生かした旅館・ホテルを全国各地で運営しています。2017年には、オリックスグループで初となる新築の温泉旅館「箱根・芦ノ湖 はなをり」、2020年には「箱根・強羅 佳ら久」を開業し、直営では8つの温泉旅館と8つのホテル運営に携わっています。新規設備の投資、サービスレベルの改善に加え、その土地の風土や文化の発信、地元の食材を使った料理の提供など、地域の魅力を積極的に伝える取り組みを行っています。
2021年にはオリックスグループが運営する研修施設、水族館を加えた計21施設、11都道府県で、「地域共創プロジェクト」を始動しました。地域内の企業や自治体との連携を図るとともに、オリックスグループのビジネス基盤を活用し、観光資源の発掘や創出を行います。これまで以上に、地域の長期的で安定的なファンを増やし、「訪れるお客さま」「地域」「当社施設」にとっての好循環を促すことを目指します。

  • オリックス不動産では、旅館・ホテル運営の事業ブランド「ORIX HOTELS & RESORTS(オリックス ホテルズ&リゾーツ)」を展開しています。

関連リンク

複合型まちづくり事業・再開発事業

複合型まちづくり事業

オリックス不動産では、オフィス、商業、ホテル、カンファレンス施設など複合型のまちづくりに取り組んでいます。不動産の投資・開発と運営の両輪で、まちづくりを進め、地域の活性化に貢献しています。

JR「大阪」駅前の大型複合施設「グランフロント大阪」
JR「大阪」駅北側の「うめきた先行開発区域プロジェクト」として、オリックス不動産を含む民間の開発事業者12社(2013年当時)で開発しました。まちづくりのコンセプトは、国際的な情報、人材の蓄積、交流拠点を形成し、この"まち"で生み出される多様なイノベーションを通じて、大阪・関西、さらには日本の成長・発展に寄与することです。約7haの広大な敷地に、ホテル、オフィス、分譲マンション、ショップ&レストラン、約1haの憩いの空間「うめきた広場」に加え、中核施設「ナレッジキャピタル」などの多様な都市機能を集積しています。

「うめきた2期地区開発プロジェクト」
うめきた2期開発事業者JV9社の1社として、オフィス、ホテル、中核機能、商業施設、都市公園、住宅からなる「うめきた2期地区開発プロジェクト」に参画しています。
本プロジェクトは、2024年夏頃の先行まちびらきを目指しています。「みどり」と融合した生命力あふれる都市空間に集う市民や企業など、さまざまな人々が新しい活動にチャレンジできる場や仕組みをつくり、活力に満ちた創造的なライフモデル”Osaka MIDORI LIFE”をうめきたから関西、そして国内外へと発信していきます。取り組みのひとつとして、「みどり」に集う市民との接点を生かしたイノベーション活動を支援する中核機能を整備します。「グランフロント大阪」の「ナレッジキャピタル」や産・官・学と連携し、大阪・関西のイノベーション創出に寄与していくとともに、『「みどり」と「イノベーション」の融合拠点』として、まちづくりの方針を具現化していきます。

ささしまライブ24の複合施設「グローバルゲート」
「ささしまライブ24」は、名古屋駅南側の貨物駅跡地の再開発で、「交流」「環境」「防災」をキーワードに、産・官・学のコラボレーションによる「国際歓迎・交流拠点」の形成を目指した大規模な複合型まちづくりプロジェクトです。オリックスを含む民間事業者5社は、プロジェクトの中核となる複合施設「グローバルゲート」を開発しました。

JR金沢駅前の複合施設「クロスゲート金沢」
金沢市の公募による「インターナショナルブランドホテル事業」として、JR「金沢」駅金沢港口(西口)に複合施設を開発しました。「ハイアット セントリック 金沢」「ハイアット ハウス 金沢」の2つの外資系ホテルに加え、商業施設、分譲マンション「ザ・レジデンス金沢」で構成され、屋上には庭園「みらいの丘」を設けています。施設名称「クロスゲート金沢」には、国内外からヒト、コト、モノが集い、その交流を通じて新しい価値を創造していく「世界の交流拠点都市」を目指す金沢の玄関口として、地域の発展に貢献したいという思いを込めています。

再開発事業

大京では、市街地の大規模再開発事業に多くの参画実績を築き、現在も数多くのプロジェクトを進行しています。地元権利者の想いを第一に考えながら開発の初期段階から参画することで、活力あるまちづくりに貢献しています。

「長崎県長崎市の市街地再開発事業」における分譲マンションの開発に参画
「長崎県長崎市新大工町の市街地再開発事業」は、新大工町商店街を含む中心市街地の活性化を目的に推進しています。商店街や長崎街道、諏訪神社、寺町など恵まれた周辺環境に加え、「まちの玄関口」としての優れた立地特性を生かし、商業や住まいを拡充します。また、商店街や国道の歩行者空間の確保、駐車場の整備などを行うことで、街の利便性を高めます。北街区には商業施設と住宅、国道を挟んだ南街区には駐車場とオフィスを設け、二つの街区を新設される歩道橋でつなげます。分譲マンション「ライオンズタワー新大工町」は北街区の4階~26階に位置し、長崎県内で最高峰のタワーマンションとなります。都市機能の整備促進を通じて、長崎の魅力とにぎわいの向上に寄与すべく取り組んでいます。

  • 海抜を合わせた高さが109.4メートル。株式会社大京調べ。

「岐阜県岐阜市の市街地再開発事業」における分譲マンションの開発に参画
高島屋南地区第一種市街地再開発事業(柳ケ瀬グラッスル35)は、再開発組合が施行者として岐阜市柳ケ瀬の南玄関口で推進している事業です。本事業は、岐阜市が設定した「まちなか居住重点区域」の中心となる柳ケ瀬エリアに位置する「住、商、公」、官民一体の地上35階建ての複合再開発事業です。1、2階は商業施設、3、4階は岐阜市が整備する公益的施設、分譲マンション「ライオンズ岐阜プレミストタワー35」は5階~35階に位置します。柳ケ瀬エリアのランドマークとして、中心市街地活性化の実現を目指します。

関連リンク

ページの先頭へ

ページの先頭へ