オリックス環境

MENU CLOSE

サービスメニュー

「PTP シート」のマテリアルリサイクル事業を開始

日本国内では医薬品包装として広く使用されているPTP(Press Through Package)シートはプラスチックとアルミ素材がヒートシールされているので、密閉性に優れるものの、一度シールしたら再びプラスチックとアルミ素材に分離・分別は困難であり、廃PTPはサーマルリサイクル、もしくは焼却するしか処分方法がありませんでした。

船橋工場にPTPマテリアルリサイクルの機械を導入

PTPシートをプラスチックとアルミ素材に分離する技術を活用し、船橋工場をはじめ、全国のネットワーク企業でマテリアルリサイクルを推進していきます。

PTPマテリアルリサイクル

取組イメージ図

CO2排出量の削減(※)を実現

これまで年間数千トンが焼却処理のうえ埋め立て処理されており、これらを分離させることで、これまで焼却処理等を通じて廃棄処理されてきた廃棄物をプラスチックとアルミ素材としてマテリアルリサイクルするとともに、リサイクルによりCO2排出量の削減を実現します。
※PTPマテリアルリサイクルと焼却処理を比較した当社試算によるもの

サーマルリサイクル(焼却)するのでなく、資源として再利用

分離後のプラスチックとアルミ素材は再生原料として再生材利用業者にて加工することにより新たな製品となり、資源循環に向けた大きな一歩となります。