オリックス環境

MENU CLOSE

採用情報

先輩の声

若手キャリア入社者

営業部門 女性 (2014年入社)

先輩の声

新卒では環境に配慮した街づくりがしたいと思い不動産業界へ入社しましたが、それまでとは違う立場で環境という分野に携わることでキャリアアップを目指したいと思うようになり、転職を決めました。
畑違いからの入社だったので不安もありましたが、しっかりとした研修体制が整備されているため、基礎から専門知識を学ぶことができ、また、キャリア入社の方が多いため、すぐに馴染むことができました。
お客さまから排出される不用品の回収や再資源化など、お客さまのニーズに合わせて、さまざまな提案をすることで顧客満足を得られるだけでなく、地球環境にも貢献できる仕事に携わっていることにやりがいを感じています。

営業部門 男性 (2012年入社)

先輩の声

学生の頃にメタン発酵の研究をしており、新卒では都内の廃液処理会社へ就職しました。廃棄物という枠を超えて仕事をしてみたいと考えたことが転職のきっかけでした。
オリックス環境は、オリックスグループという大きなバックボーンを持つことも1つですが、「ほかにはないアンサーを。」の精神が社風に根付いており、新しい事業を始めることに抵抗がないところが魅力です。これがお客さまにとっても良いサービスとなり、社員にとってもストレスなく頑張れる、やりがいのある職場に繋がっているのかなと思います。

主任アソシエイト職

営業部門 男性 (2006年入社)

先輩の声
オリックス環境を選んだ理由

学生の頃、環境関連の勉強をしていました。その方向に進みたいと思い就職しましたが、当時は残念ながら環境ビジネスに携わることができませんでした。やりたいと思ったことを貫き辿り着いた会社がオリックス環境でした。環境関連企業の中では比較的社歴の若い会社でしたが、環境ビジネスで利益を出しているという点に大きな魅力と可能性を感じました。転職のタイミングとキャリア採用の募集タイミングが合致したことも大きな理由です。

現在の仕事内容

私の所属する部署では、全国のスクラップ会社と提携し、自動販売機、ATM、ボイラ、大型洗濯機や立体駐車場など、各種機械類を全国から回収・引き揚げ・廃棄できるスキームを構築し、メーカーや販売会社に営業しています。例えばATMなどには、ハードディスクに個人情報などの重要情報が含まれているので、お客さまが安心して廃棄処理できる、安全かつ合理的な回収ルートや処理フロー、スキームの構築などを提案しています。また、オリックスの営業とCo-Workすることも多く、会社や部門・部署の垣根を越えて協業しています。

やりがいを感じる瞬間

オリックス環境の営業スタイルは提案型で、お客さまのニーズや現在の不満、ご要望をお聞きし、ときには数十社の提携業者と交渉して、ひとつのスキームを作り上げます。お客さまとの会話の中からニーズを拾い、スキームを構築し、成約に至った時と、お客さまからの信頼を得たと実感できる瞬間に最もやりがいを感じます。また、お客さまが異動した先からでも相談してくださるなど、継続的なお付き合いができることにもやりがいを感じています。

オリックス環境はどんな会社

上司や同僚に相談しやすい、風通しのよい会社です。新しい事業にも積極的に取り組み、常に社会のニーズに対応しようとする姿勢があります。
最近では、廃棄物の仲介業務から有価物の取り扱い関連へと比重がシフトしています。金属回収やレアメタルなどの都市鉱山ビジネスを今後のマーケットとして視野に入れているため、新たな取り組みを行うときは、やはり上司や同僚、他部署との連携が必要となります。営業同士の情報交換による横の連携や、部や会社をまたいだ新たなスキーム構築など、グループ会社とCo-Workもできるので、チームプレイがしやすい会社です。中途入社も多いため、色々な経験をしたメンバーと情報交換できるなど、人に恵まれていると日々実感しています。また、私の周りでは多くの女性が一緒に働いているので、女性に優しい会社だな、と思います。

今後の目標

日本国内には資源がないといわれている中で、都市鉱山といわれるレアメタルや高純度の金属などの回収スキーム構築などに携わり、国や自治体などと関わりながら循環型社会の仕組みづくりに関与したいと思っています。廃棄物の仲介業務のみならず、リスクも取りながらお客さまや社会のニーズに応えていきたいです。
また、社内的には、「田所に聞けば何かわかる」というように、頼られる存在でありたいです。