1. ホーム
  2. >
  3. 社員インタビュー
  4. >
  5. 運用(2015年中途入社)

社員インタビュー

飛田 詩織 オープンなこの場所で広がる人脈と経験。エンジニアとして成長し、変化の多いグループのIT(ビジネス)戦略を支えたい。

飛田 詩織

飛田 詩織

運用(2015年中途入社)
前職:発電所システム開発・保守
所属:システムコントロールグループ

転職を考えたきっかけは?

以前所属していたのは、発電所向けのIT基盤やアプリケーションに特化したシステム会社。専門性が高く学ぶことが多かった半面、システムの設計、開発、運用すべてにおいて「低リスクであること」が最優先されるという環境でした。クラウド環境やセキュリティ技術など、新しい技術・分野に興味を持ち始めていた私は、新しいことにチャレンジできる環境を求めて転職を決意しました。

オリックス・システムに入社した理由は?

転職活動の企業選びで重視したのは「複合型企業グループのユーザ系システム会社」であることです。オリックスグループはさまざまな金融サービスから環境エネルギー、不動産事業、自動車関連事業など、驚くほど多角的に事業を展開しており、各社の異なる事業戦略にあわせたシステム企画やインフラの整備など、上流工程から参加できることに魅力を感じました。また、社員の自発性を尊重する社風も魅力でした。自分がやりたい分野の仕事に、手を挙げれば挑戦するチャンスがある。これは私が希望するワークスタイルや価値観にとても近いと感じました。

入社後、最初に携わったプロジェクトは?

私は、オリックス生命の皆さんが使用するPCやプリンタといったOA機器に関連するIT基盤周りの運用を担当しています。配属最初のプロジェクトは、社内向けにWindowsセキュリティパッチを配信するサーバのリプレイスでした。物理機上で動作する仮想サーバをAWS上に移設するというもので、やりたかったクラウド案件にいきなり携われたことは非常にうれしかったですね。経験不足については周りのメンバーや他のチームの協力を仰ぎながら、ユーザに影響が出ないよう工程管理を行い、無事完了することができました。

現在の仕事は?

上記のような「プロジェクト」と、グループ内のPC/ソフトウェアの導入手配や認証サービスに関わる運用・保守、OAに関するヘルプデスク対応といった「定常業務」の2つの業務を並行して担当しています。例えばオリックス生命はここ数年急拡大している成長企業です。多くの社員の入社や異動、新オフィスの開設があり、これに先行して計画を立て機器を手配し、適切に設定作業ができるようマネジメントする必要があります。2016年度は外部パートナー分も含めて1000名規模でのオフィス移転があり、非常にダイナミックな仕事でした。

並行しての業務は大変では?

いえ、むしろやりがいの方が大きいですね。実は日々の定常業務の中にこそ改善のヒントがあり、新たなプロジェクトの種にもなる。「定常業務」と「プロジェクト」はいわば両輪のような関係だと実感しています。成長により規模が変われば、ビジネスのやり方も変える必要があります。タブレットやスマートフォンなどの活用で、ワークスタイル自体が変化することだってあるわけですから、先入観や常識にとらわれず、常にゼロベースの視点・姿勢で課題発見や情報収集に取り組み、ユーザのIT戦略の推進に貢献したいと考えています。

あなたにとってオリックス・システムはどんな場所?

「毎日が異業種交流会」みたいな場所でしょうか。オフィス開設があれば「ネットワーク基盤・構築チーム」と連携し、Office365を新規導入した際は「コミュニケーション基盤改革チーム」と連携、とさまざまなスペシャリストと接する機会が多く、エンジニアとしても人としても非常に刺激を受けています。また、困ったことがあれば詳しい人を見つけて聞いてみる。オープンな社風の中、こうして広がる「人脈」は私にとっての大きな宝です。キャリアを積めば積むほど、グループ各社との人脈も広がるという実感、そういった達成感が得られるのも、我が社がオリックスグループの情報システム部門だという存在ならではだと思います。今はこの環境を楽しんでいます。

ページの先頭へ戻る