1. ホーム
  2. >
  3. 社員インタビュー
  4. >
  5. 開発保守(2015年中途入社)

社員インタビュー

斎藤 浩介 目指すは、課題の掘り起こしができるエンジニア。そしてグループのビジネスの進化をITで支えたい。

斎藤 浩介

斎藤 浩介

開発保守(2015年中途入社)
前職:外資メーカー系IT企業でのアプリケーション開発
所属:基幹系・オリックス担当グループ

メーカー系からユーザ系へ転職した理由は?

同じIT企業でも両者はビジネスモデルがかなり違います。以前の会社ではセールスやコンサルティング部門が中心となり案件を受注し、エンジニアの本領はデリバリーフェーズの役割を担うことが主でした。経験を積んでPMを任されるようになったものの、ビジネスを創出する力が磨かれているという実感が薄かったのです。そこで顧客の課題を発掘し、より業務に近い位置で課題解決に寄り添える実力を身に付けたいと、ユーザ系IT企業への転職を決意しました。

その中でオリックス・システムを選んだ理由は?

グループ全体の事業内容が多岐にわたるだけでなく、規模も大小さまざまあるため、多彩な経験ができるのではないかと興味を持ちました。ただ最終的に決めた理由は「人」です。転職活動では「何をやるか」と同じくらい、「誰とやるか」を重視して会社選びをしてきました。面接で出会った社長、役員、ゼネラルマネージャーの人柄から感じた会社の「水」が私と合うというか、しっくりくるというか。特に社長とは面談で2時間近くも仕事の話から趣味やプライベートの話までじっくり会話ができるなんて驚きでした。

その判断、入社後にギャップは?

入社してからいろんな方と出会いましたが、私の判断は間違っていなかったと思います。当社には多くの中途入社者がいますが、経歴も考え方も多種多様。いろんなキャラクターを受け止め、かつ受け入れる風土があり、その違いをお互いが尊重しあいながら刺激を与えあう、といった印象です。それぞれが前職での経験を生かし、改善案や新しいアイデアを社内に発信しています。

現在の仕事内容は?

入社当初はシステム企画部門に所属し、オリックスグループ向けのシステム化計画や要件定義などを担当していました。しかし、「グループの文化や現場の考え方、仕事のやり方を肌で理解しないとより良い仕事はできない」と感じ、希望して開発部門へ異動。現在はグループの共通基幹システム「G_COM」の維持保守と、オリックス(株)が行う、提携金融機関への保証業務取組みの案件管理システムの改修プロジェクトを担当しており、その改修プロジェクトではプロジェクトリーダーを任されています。

現職のやりがいについて教えてください。

やはり、自分の仕事が業務上の課題解決に直結していると感じられる点です。その分、業務や金融について勉強する大変さはありますが、理解が進むにつれ「こんなアイデアが生かせるのではないか?」「この技術を使えばより業務効率が上がるのではないか?」とどんどん提案できる醍醐味があります。これまでにも前職の経験を生かしてWebアプリの試験自動化を提案・実行し成果を出しましたし、現在のプロジェクトではBIツールが使えるのではないかと評価版を用いて検討を開始するところです。こういう場や機会が多くある点は、オリックス・システムで働く大きな魅力ですね。

目指したいエンジニア像とは?

業務側からの顕在化した要望に応えるだけでなく、システム側から提案し、課題をより高いレベルで解決できるエンジニアになることを目指しています。そのために必要なのは、やはり第一に業務知識。そして第二にちょっとしたことでも相談してもらえる信頼関係だと考えます。そこにはRFPやオフィシャルな打合せでは表れない潜在的なニーズ、本質的な提案につながるヒントが隠されてることが多く、ユーザから気軽に相談されるほどの踏み込んだ関係になれるかどうかは、私にとって大きな違いなのです。信頼は積み重ねですので、小さなミスでも印象には大きく影響します。何事にも準備を怠らず万全を期して臨むよう日々心がけています。

ページの先頭へ戻る