1. ホーム
  2. >
  3. 社員インタビュー
  4. >
  5. 運用(2012年中途入社)

社員インタビュー

成岡 伸彦 プロジェクト担当(2012年度入社) よりスピーディーに、より前を向いて、改善のために議論することで視野は広がる。

成岡 伸彦

成岡 伸彦

運用(2012年中途入社)
前職:インフラ設計・構築・運用(SE)
所属:システムコントロールグループ

前職から転職しようとした理由は?

前職では銀行や証券向けシステムを中心としたさまざまな開発現場に派遣され、与えられた要件をもとにハード/ミドル/ストレージの構成・方式設計から機器の発注、OS/ミドルの構築、運用設計、サーバ保守まで幅広い業務をこなしていました。しかし多くの現場は要件定義、基本設計が終わっているものばかりで、下流工程中心だとどうしても同じような仕事の繰り返しになってしまう。インフラエンジニア本来の役割を果たす上でも、上流工程にタッチできないことは大きなストレスでした。

インフラエンジニア本来の役割とは?

IT基盤はユーザー企業の資産であり、「いかに資産の価値を高めるか」がインフラエンジニアの本来の仕事のはずです。しかし、前提となるさまざまなビジネス課題、システムの全体像やコスト感が見えないと品質面での具体的なゴールが見えず効率化提案もできません。オリックス・システムへの転職を決めたのも、ユーザーに近い立場でシステムに深く関わることができるから。しかも当社は少数精鋭体制。入社後すぐに大きなシステムを任され、これまでに培ってきた技術・経験をフルに活かすチャンスがありました。

オリックスグループの企業風土は?

これまで多くの開発現場を見てきた実感では、金融機関は全般的に品質重視。時にはオーバースペックと思えるほど品質を偏重し、コストやスピードを犠牲にするケースもありました。しかし、新規事業や新サービスを素早く立ち上げることで成長してきたオリックスグループで優先されるのは「スピード」です。私たちが問われるのも、いかに本質を見極め、効果的にシステムを構築していくか。新しい技術に挑戦する姿勢や、運用保守フェーズでの柔軟な対応力も必要になってきます。

現在の仕事内容は?

グループ基幹システムの「災害対策環境構築プロジェクト」にて、PMを担当しています。これまで地理分散による災害対策環境の準備には莫大な費用がかかりましたが、クラウドの登場によって大幅なコストダウンが可能となりました。現在、これまであまり立ち入ることのなかった業務内容まで入り込み、ユーザーや各アプリケーションの開発担当者、クラウドベンダーと、災害対策発生時の復旧要件・方式、業務データの同期方法などを細かく詰めるなど、システム全体に関わる仕事にタッチすることができました。

オリックス・システムで働く魅力は?

当社にはバックボーンや専門の異なるさまざまな人が在籍しています。そんな社員たちがよりスピーディーに、より前を向いて、常に改善に取り組むという同じベクトルを持っている点がオリックス・システムの魅力だと感じています。私も上流工程を担当しマネジメント範囲がインフラだけでなくアプリケーション領域にまで広がっていますが、アプリケーション担当者と徹底的に議論することで私の視野も確実に広がっている実感があります。

今後目指すエンジニア像は?

一般的にインフラエンジニアは「縁の下の力持ち」的存在と言われてきました。しかしクラウド技術やビッグデータの活用など、インフラまわりの技術がビジネスチャンスを生み出すシーンが増えてきています。私もオリックスグループのエンジニアとして、基盤主導で新たなビジネスを提案できるようなエンジニアになっていけたらと考えています。

ページの先頭へ戻る