1. ホーム
  2. >
  3. 社員インタビュー
  4. >
  5. 運用(2008年新卒入社)

社員インタビュー

寺田 健太郎 運用(2008年入社) 「24時間365日」が当たり前であるために責任感を持って、細やかで正確な分析・調整を行っています。

寺田 健太郎

寺田 健太郎

運用(2008年新卒入社)
卒業学部・学科:経済学部経営学科
所属:システムコントロールグループ ネットワーク管理担当

オリックス・システムのどこに興味を?

大学でゼミ生募集活動をした経験が印象に残っており、はじめは人事・採用の仕事を目指して就職活動していました。
そんな中で「文系出身者も多く活躍するシステム会社」という情報を目にしてオリックス・システムに興味を持ったのがきっかけです。ゼミではWebサイト作成やマルチメディア関連の分野を学んでいたのでコンピュータやシステムにも関心があり、挑戦してみようと思いました。

入社後、文系でも活躍できる実感は?

ITの知識があるに越したことはありませんが、文系でも理系でもスタートラインは同じだと感じました。私たちの役割は、実際にプログラムを書くことよりも、IT案件の企画立案やプロジェクト管理が中心です。提案力や調整力・交渉力などを駆使してユーザーのビジネスにいかに貢献できるかが問われるのです。そういった点ではユーザーのビジネスを理解して課題を見つけたり、様々な問題を解決するために柔軟に考える事ができれば、文系でも全く問題ないと思います。

どんなプロジェクトで経験を積みましたか?

入社後は新データセンターの構築に3〜4ヵ月参画しました。ここでは先輩のアシスタント的な業務をしながら、ネットワークに関しての基本知識を学びました。その後、3年目からグループ共通のインターネット基盤の構築プロジェクトに携わり、各種サーバ、メール環境などの設計から実装、テストまで幅広く経験し、5年目にはWeb閲覧環境のリプレースプロジェクトに参画し無事リリースしました。現在はグループ各社のWebサーバやメールサーバの運用管理を担当しています。

現在の担当業務のやりがいは?

グループ社員約2万人が使うWeb公開用サーバやメールサーバは、グループがビジネスをおこなう上で重要な生命線のひとつ。24時間365日停止せず、安心して使えるよう運用していくことに責任感を感じると同時に、やりがいも感じます。
因みに、このホームページも私たちのチームが管理するWebサーバ上で動いています。また、最近は老朽化したWebサーバを最新の環境に切り替えるプロジェクトも動かしています。利用者の範囲が広い為、グループ各社の担当者や責任者、自社の他部署やセキュリティ担当、協力会社のエンジニアなどの連携が重要です。

普段から心がけていることは?

入社以来、先輩から常に教えられてきたことがあります。
利用者からの問い合わせには事実をもとに答え、安易に自分の憶測・推測を混在させないということです。憶測や推測は誤解を招くことや、原因の所在を曖昧にさせることもあり、かえって解決までの時間をいたずらに費やしてしまいます。問題点があれば、客観的事実から解決策を探ることを意識しています。

今、目標にしていることは?

ネットワークのセキュリティを今後はより強化していきたいと考えているため、その布石として「情報セキュリティスペシャリスト」の資格取得が目標です。この資格はセキュリティに関する試験において、最難関のひとつですが、セキュリティに精通し、自分の強みを持ちたいと考えています。ただ資格試験では数字を分析して答える問題もあるので、文系出身の私にはまずそれをクリアすることがハードルのひとつとなります。でも、それを乗り越えて自分の可能性を広げたいと思います。将来的には社内セキュリティを任される人材になりたいですね。

ページの先頭へ戻る