1. ホーム
  2. >
  3. 事業の醍醐味
  4. >
  5. グループのブレーン

事業の醍醐味

グループのブレーン ITはビジネスを進化させる重要なツール。私たちオリックス・システムはIT企業として責任を果たす。

高度化するITとビジネスの関係性。

日本のIT黎明期である1970年代、コンピュータはまだ限られた人のものであり、使用目的も事務作業の自動化(OA:Office Au tomation)、例えばごく単純な計算の自動化や帳票の出力といった閉じられたものでした。その後、技術の発展によりオープン化、Web化が進み、現在では一口にITと言っても多様な技術が登場。ECやテレビ会議、ソーシャルネットワークの活用はもちろん、ビッグデータを使っての予測可能性分析といった高度な用途にまでITは広まっています。

ITのプロとして、グループを進化させる。

オリックス・システムはグループのIT戦略推進を担うIT企業であり、グループ内のシステム化の話は当社に集約されます。ITが「戦略的な経営ツール」へと進化する中、どんなシステムを構築すべきか、私たちには「ITの専門家」としての提案が求められます。さらに私たちはオリックスグループおよびグループ各社の経営方針や業務内容を理解しそのビジネスにマッチする、進化させる提案をおこなうことが使命です。

クロスオーバーしながら、様々な専門性を発揮。

オリックスグループ各社をユーザーに持つオリックス・システムには、グループがおこなうビジネスの数だけノウハウがあります。また、ソフトウェアだけでなくグループ社員が使うOA機器やネットワーク、オフィス用サーバなどのインフラ構築・運用までを一手に担っており、さまざまな担当分野、経験を持った社員が在籍しています。その社員それぞれが、担当領域を超えた連携をおこなうのがオリックス・システムです。専門性がクロスオーバーすることで新たな価値が生まれ、ユーザーの期待に応えています。

ページの先頭へ戻る