オリックス資源循環株式会社
トップページ
会社概要
事業概要
事業基盤整備および
公園・緑地施設の整備
ガス化改質炉の建設・運営
施設の特長
プラントの説明
受入品目
温暖化対策事業
自動車リサイクル法対応施設
現地案内図
環境理念および環境方針
ニュース
搬入について(ご契約のお客さま)
お問い合わせ
リサイクルのご相談
その他のご相談
サイトマップ
オリックスグループ
採用情報
  • オリックスのエコサービスを紹介します
最新のガス化改質施設
マテリアルリサイクル、ケミカルリサイクル、サーマルリサイクルのすべてを網羅した施設です。
1 廃棄物の圧縮
廃棄物を一定量ずつ1/5に圧縮して、廃棄物の中の空気を排除。伝熱効率を向上させます。
2 乾燥・熱分解
間接加熱式の脱ガスチャンネルで無酸素状態でごみを乾燥、脱ガスします。脱ガス後の廃棄物は順次高温反応炉へ押し出されます。
3 ガス化・溶融
空気から精製した高濃度の酸素を反応炉へ吹き込み、熱分解カーボンとの反応熱によって、がれき・金属などが溶融されます。ここでの最大温度は2000℃となります。
4 スラグ均質化・水砕固化
溶融したがれきや金属は、均質化炉を通った後に水冷されてスラグやメタルになり、再資源化されます。
5 ダイオキシン類の完全分解
熱分解ガスを1200℃で2秒以上保持することで、ダイオキシン類やタールなどを分解。ガスを改質します。
6 ガス急速冷却
ガスを1200℃から70℃に0.1秒以内で急速冷却することによりダイオキシンの再合成を抑止。飛灰の発生もありません。
7 重金属類・塩素分除去
ガスを、酸洗浄→アルカリ洗浄と連続して行うことにより、ガス中に含まれていた重金属分や塩素分を除去します。
8 ガス精製
回収したガスを脱硫、除湿して、クリーンな合成ガスを精製します。このガスは化学原料にも利用できますが、ここでは発電システムに供されます。
9 水処理
急速冷却で使用された水は、重金属類や塩類を取り除いたのち、循環利用されます。重金属類や塩類はすべて再資源化されます。
10 発電
ガスエンジンとガスボイラの併用により、精製ガスを燃料とした高効率発電を行います。余剰電力として最大8000kWを生み出し、外部に売電します。
▲ページ上部
サイトポリシー   プライバシー・ポリシー   反社会的勢力に対する基本方針
Copyright (C) ORIX Environmental Resources Management Corporation.