トップメッセージ

学生の皆さんへ

オリックスは1964年に13名で設立され、日本になじみのなかったリースという新しい金融手法を日本に導入したことに始まります。その後、融資や割賦、生命保険といった金融事業をはじめ、不動産関連、環境エネルギー関連など、幅広いビジネスを展開してきました。また、今や世界36の国と地域に拠点を設け、世界でも類をみないユニークな企業として、グローバルに成長を続けています。

オリックスでは、さまざまな年齢、職歴、国籍の社員が働いています。また、女性社員の割合も全体の4割に上り、多様な人材がオリックスを支えています。これらの豊富な経験と知識を持つ社員が、部門を越えて知恵を結集し、新しい価値を創造していくこと。これこそがオリックスらしさであり、成長の源だと考えています。

また、オリックスには社員の情熱と意欲を受け入れ、チャレンジする機会を与え続ける風土が根付いています。そのチャレンジから生まれた小さな成功が、次のチャンスにつながっていきます。現場のチャレンジから生まれたアイデアが、今では多くのお客さまのお役に立つ事業になっている例も多く、そんな前向きな社員が活躍できるフィールドがオリックスにはあります。

オリックスは、「新しいことにチャレンジしたい」という強い気持ちを持つ人を求めています。
私たちと一緒に、オリックスの未来を切り拓いていきましょう。

取締役 兼 代表執行役社長・グループCEO 井上亮

ページトップへ