オリックスの企業力

リスクを恐れない挑戦

攻めの経営を支えるのは客観的で冷静な判断力

オリックスは、お客さまの多様化するニーズや環境の変化に対応し、チャレンジとイノベーションを積み重ねることで事業を拡大、成長してきました。そのためにはリスクを見極め、取るべきリスクを取りつつ、健全性を維持することが必要不可欠であり、これがオリックスのリスクマネジメントのベースとなっています。

世界有数の資産運用会社を買収グローバルな事業基盤のさらなる拡大を図る

オリックスでは、攻めの経営手法として積極的なM&Aを行っています。2013年には世界有数の資産運用会社であるロベコ社(オランダ)を買収し、戦略的な提携のもとグローバルマーケットへの展開を加速させました。このM&Aにより、これまで強みとしてきたアジア・中東圏マーケットに加え、欧州・北米・南米マーケットも視野にそのフィールドを拡大していきます。

ページトップへ