留学生座談会

留学生座談会

(左から順に)

  • コウ イキ

    審査部門配属
    2016年入社

  • ヨウ チエ

    環境エネルギー本部
    海外事業開発部門配属
    2016年入社

  • ネン ユウフア

    不動産投資部門配属
    2016年入社

  • カン シュウウ

    新規事業開発第二部
    第一チーム
    2013年入社
    主に戦略投資や新規事業の立ち上げを担当。

  • ホン ジングック

    事業投資本部
    海外事業投資グループ
    2013年入社
    ASEANを中心としたエリアでM&Aを担当。

Session.1

よく分からないからこそ、面白い

ホン先輩
自国と日本とでは、就職活動に何か違いはありましたか?
コウ
台湾と日本の就職活動の大きな違いは、エントリーする企業の数です。日本は30社くらいエントリーする人もいますが、台湾では1社か2社しかエントリーしません。台湾は大学で専攻した分野に関連する仕事に就きますが、日本は自分の専攻とは異なる分野の仕事を選ぶこともあります。
ネン
台湾の面接では自分の専攻に関連する専門的なことをたくさん聞かれます。私も自分の専攻に関連する金融系の企業しかエントリーしませんでした。
ヨウ
日本での就職活動では、会社について調べることに苦労しました。日本語も難しかったことに加え、オリックスは、幅広い事業を展開しているため、事業内容を理解することが大変でした。
ホン先輩
私も最初は野球かレンタカーのイメージしかありませんでした。
カン先輩
そもそも何でオリックスを志望したの?
対談風景
対談風景
ネン
どのような事業を展開しているのかよくわからないこそ、逆に面白いと感じました。研修のときに、先輩に「新しい事業を探すのがオリックスの仕事」と言われたことを今でも憶えています。
コウ
私も多様な事業に引かれました。オリックスではさまざまな仕事を経験できそうだと思ったからです。
ホン先輩
現在では幅広い事業を展開していますが当初は社員13名のリース会社としてスタートしました。環境、事業投資、融資など隣接分野に進出し、今となってはニューヨークと東京で上場するにまで成長しました。このように事業を拡大できたのは現状にとどまらず、新しい分野にチャレンジしてきた経緯だと思っています。
カン先輩
オリックスは常に新しい可能性に挑戦しています。年次や役職に関係なく、全員同じ姿勢でプロジェクトに向き合います。チャレンジ精神が社員に根付いている表れだと思います。
ネン
社風にも表れていますか?
ホン先輩
オリックスには「あなたはどう思う?」と意見を聞く文化があります。若手の社員でも自分の意見をもちチャレンジできる環境です。

Session.2

日本独自の文化

ヨウ
最近、日本語の上達が停滞気味で悩んでいます。
カン先輩
自分の新人時代を思い出すと、確かに日本語に対する苦手意識はありました。でも最近は、慣れてきて自信がつきました。
ホン先輩
先輩の話を聞きながらイントネーションや声のトーンを真似したことで日本語が上達しました。みんな優しいので、日本語が多少違っていても理解してくれます。
ヨウ
日本語が聞き取れなかったとき、学ぶチャンスを失った気がして落ち込みます。
カン先輩
それは外国人だからではなくて、新人だからです(笑)。新人のころはみんな、言葉に関係なく分からないことだらけだと思います。
コウ
日本の企業は年功序列で、若手社員は上司の指示に従うというイメージがありました。
ネン
毎日上司と飲んでいたり。
ホン先輩
オリックスでは、年次に関係なく自分の意見を求められ、誰にでも平等に発言権があると思います。
カン先輩
私の部署で、強制的な飲み会は一切ありませんよ。
ホン先輩
国籍や性別にかかわらず、多様性が受け入れられていると感じます。
コウ
海の日、山の日・・・日本の休日は意味が分からないです(笑)。
カン先輩
世界から勤勉というイメージを持たれているけど、日本はアジアで一番休みが多いんだよね。文化の日や体育の日とか、祝日には私も最初は驚きました。

Session.3

先輩からのアドバイス「どこにいてもアイデンティティを持とう」

ホン先輩
私は仕事上、アジアのさまざまな国を見ていますが、どんな国でも良いところもあれば悪いところもあります。日本も同じ。自分の価値観でものを見ることが大事だと思います。アイデンティティがないとストレスになりますから。
カン先輩
私も先進的なビジネスモデルをしっかり勉強して、知識を身につける必要がある一方、自分の意見もしっかりと持つことが重要だと思いました。
ネン
合わせることよりも、自分の価値観を持つことが大切ということですか?
カン先輩
日本の文化や言語に無理をして合わせることよりも、仕事の中で自分の得意分野を見つけることが成長するために大事なことだと思います。オリックスはさまざまな事業をやっているので自分の得意分野が見つかるはずです。
対談風景
対談風景
ホン先輩
グローバル社会の中で、2カ国の文化を知っているからこそ、中立的な立場から冷静な判断ができることが私たちの強みだと思っています。大変なこともありましたが、周囲の方々からサポートしていただき、8年たった今も日本で仕事をしています。まずは、頼れる人をたくさん見つけてください。
ヨウ
二人の先輩からいろいろな話を伺い、自分の伸ばしたい部分や足りないことが分かって勉強になりました。先輩を目標にしていきたいです。
ネン
3年後の目標が見えてきた気がします。頑張ります!
コウ
入社して3カ月が経って、色々な先輩から学んできました。今回も二人からお話しを聞かせていただいて、改めてオリックスはチャレンジ精神のある会社だと思いました。ありがとうございました。
ページトップへ