仕事を科学する

徹底した業務の可視化からはじまる業務改革

オリックス・ビジネスセンター沖縄ではすべての業務を可視化し、それをベースにさまざまな生産性向上の施策に取り組んでいます。

ECOまるマネジメント

実際に社内で行われている「業務」と、付随して行われている「作業」をすべて書き出し、「可視化」「計測」「分析」「改善」を繰り返す独自のマネジメント手法のこと。
独自に開発したシステム「ECOまるアーツ」により、リアルタイムかつ全社共通のマネジメントが可能となりました。
ECOまるマネジメントは、在宅ワークなど働き方改革を進める上で重要なプロセスとなっています。

「みんなで仕事の無駄を省き、効率化を推進しよう」という意味での「ECO」と、助け合い、相互扶助精神などを称した「ゆいまーる」という沖縄の方言を合わせた言葉。

  1. 可視化

    社員が行う業務を全て漏れなく書き出します。当社では、全員の業務を仕事の最小単位(アクティビティ単位)にまで分類し、業務を大分類・中分類・小分類単位で体系的に整理しています。全チームの業務は標準業務体系書で横串管理の上、可視化されています。

  2. 計測

    書き出した業務は、アクティビティ単位で処理時間をリアルタイムで計測します。当社では全員が出社してから退社するまで、隙間なくアクティビティ単位で毎日業務の計測を行っています。

  3. 分析

    業務内容ごとにそれにかかる時間が明確になることで、標準的なパフォーマンスを定めることが可能になりました。その上で、スタッフごとの業務稼働率のばらつきとスキル分析、チームごとの業務の繁閑差、業務単位のコストを算出し、KPIを設定します。
    Key Performance Indicatorの略称『重要業績評価指標』『重要目標評価指標』

  4. 改善

    数値に基づき、業務稼働率の向上や個人の生産性について改善を行います。分析結果をもとに、閑散期のチームから繁忙期のチームへ業務を手伝いに行くというチームを超えた支援体制も可能となりました。又、定量データに基づいたプロセス改善提案を委託元へ行い、建設的な協議も可能となりました。

業務可視化・計測・分析を継続することで、業務改善のPDCAを確立
業務改善の図

ECOまるマネジメントの4つのプロセス

ECOまるマネジメントは4つのプロセスのPDCAサイクルをまわすことで、
・生産性向上、品質向上の追求
・部署の垣根を超えた応援体制の確立
・業務難易度やスキルに応じた業務配分
・教育体制の確立
を実現しています。

RPA

効率よく業務を行うためには、時間の使い方が大切です。
オリックス・ビジネスセンター沖縄ではRPAをいち早く導入し、従来、人の手で行っていた業務を、一部RPAで行うことで、さらなる業務の効率化を実現しています。

マニュアル対応できる業務の自動化

RPAの特徴

・人間の作業を代行できる
・人が行う作業と比較して正確性や処理スピードが高い
・24時間、365日の稼働が可能である

RPA(Robotic Process Automation)とは、人間が行う業務を専用のソフトウェア(ロボット)を活用して自動化することです。これまで人間が行っていた業務をロボットに代行させることで、業務の品質向上と作業時間の短縮を実現します。

RPA導入後の成果

・ロボットという新たな働き手の確保(働き手の多様化)
・RPA+人+EUCツール(AccessやExcelなど)を組み合わせた新たな業務設計の展開
・作業の効率化と業務品質の向上

RPAの導入により、社員はより高度で付加価値の高い仕事に専念することができます。
オリックス・ビジネスセンター沖縄では今後もさまざまな施策に取り組むことで、社員の働きがいの向上を追求していきます。