ホーム > サステナビリティ > 持続可能な社会、組織、環境のために

持続可能な社会、組織、環境のために 〜21世紀にオリックスが目指す企業像

オリックスは、これからも社会に新しい価値を提供し、社会から必要とされる存在であり続けます。オリックスは1964年の創業当初から、「新しい価値を創造する」と「自分の足で立つ」という考え方を基本としています。そして、企業活動を通じて経済と社会に貢献するという考えのもと、常に新しい価値を創造して社会に提供し、その結果として得た評価が利益になるという循環を通して成長してきました。今後も社会に新しい価値を提供し、そして社会から必要とされる存在であり続けるために、創造的イノベーションを追求してまいります。

オリックスでは、企業理念、経営方針、行動指針を土台として、「21世紀におけるExcellent Company」として「オリックスが目指す企業像」を明確化した「EC21」を定めています。

  • EC21(Excellent Company)

誇り

市場に高く評価される新しい価値の創造によって
経済的なインパクトを生み出し、「誇り」ある活動を行う企業。

企業の社会的な機能は、経済にプラスとなるものを世の中に向かって作り出すことです。これが企業本来の役割であり使命です。この使命をより高い次元で果たし、社会の役に立つこと、このことにオリックスは企業としての「誇り」を持ちたいと考えています。

信頼

株主・お客さま・従業員などを含め社会の多様な期待に応える
高い能力と謙虚な姿勢を持ち、関係する人々から「信頼」される企業。

企業の存在・発展を支え、かつ直接的に大きな関わりを持つのは、株主、お客さま、従業員をはじめとするステークホルダーです。オリックスでは、ステークホルダーの皆様からの期待だけでなく、社会の期待にも応えて、国際基準を超える企業を目指します。おごらず謙虚な姿勢を保ち、さまざまな期待に応え、皆様から「信頼」される企業になりたいと考えています。

尊敬

社会的な規範を守り、公正かつ透明な活動を行う優れた社風を持ち、
社会との調和を保って、広く世の中から「尊敬」される企業。

企業行動の中に社会的な規範に反する問題が起きれば、その企業に対する評価はすぐに崩れ去ります。法律を守ること以上のより高い基準で行動し、その基準をオリックスの成長とともに高めていくことで、広く世の中から「尊敬」される優れた社風を作っていきたいと考えています。

国連グローバル・コンパクト