ホーム > ニュースリリース > 2017年 > オリックス、ヴァンシ・エアポート、関西エアポートで構成するコンソーシアムが神戸空港の特定運営事業等における優先交渉権者に選定

ニュースリリース 2017年

2017年07月25日

オリックス株式会社
VINCI Airports S.A.S.
関西エアポート株式会社

オリックス、ヴァンシ・エアポート、関西エアポートで構成するコンソーシアムが
神戸空港の特定運営事業等における優先交渉権者に選定

 オリックス株式会社(本社:東京都港区、社長:井上 亮)、VINCI Airports S.A.S.(本社:フランス、会長:Nicolas NOTEBAERT、以下「ヴァンシ・エアポート」)および関西エアポート株式会社(本社:大阪府泉佐野市、代表取締役社長CEO:山谷 佳之、代表取締役副社長Co-CEO:エマヌエル・ムノント)は、3社で構成するコンソーシアム(以下「本コンソーシアム」)が、2017年7月25日付で、神戸市(市長:久元 喜造)が実施する「神戸空港特定運営事業等」(以下「本事業」)における運営権者の選定手続きにおいて優先交渉権者に選定されましたので、お知らせします。

 2017年6月30日に提出した提案審査書類を作成するにあたり、関西エアポートとその主要株主であるオリックスおよびヴァンシ・エアポートは、関西国際空港ならびに大阪国際空港を運営するノウハウを活かし、神戸空港を加えた3空港の一体運営を念頭に、本事業を検討してまいりました。

 本コンソーシアムは、今後、神戸市との間で本事業に関する基本協定を締結し、本事業の運営権者となる特別目的会社を関西エアポートの100%出資により設立することを予定しています。運営権は2017年10月頃に運営権者に設定され、2018年4月より本運営権者による空港コンセッション事業を開始する予定です。

 オリックス、ヴァンシ・エアポートおよび関西エアポートは、関西国際空港と大阪国際空港はもとより、神戸空港の魅力をさらに高め、3空港一体運営による関西全体の航空輸送需要の拡大を推進し、関西経済の発展に貢献してまいります。

<オリックス株式会社>

所在地
代表者

設立
事業概要

: 東京都港区浜松町2丁目4番1号
: 取締役 兼 代表執行役社長・グループCEO 井上 亮
  取締役 兼 代表執行役副社長・グループCFO 小島 一雄
: 1964年4月
: 多角的金融サービス業

<VINCI Airports S.A.S.>

所在地
代表者

設立
事業概要

: 12/14, rue Louis Blériot-CS30071 92506 Rueil-Malmaison Cedex
: ニコラ・ノートバール
  ヴァンシ・コンセッションズ CEO、ヴァンシ・エアポート 社長 兼 CEO
: 1996年11月
: 空港の開発および運営

<関西エアポート株式会社>

所在地
代表者

設立
事業概要

: 大阪府泉佐野市泉州空港北1番地
: 代表取締役社長CEO 山谷 佳之
  代表取締役副社長 Co-CEO エマヌエル・ムノント
: 2015年12月
: 関西国際空港および大阪国際空港の運営業務、管理受託業務等

<本件に関するお問い合わせ先>

関西エアポート株式会社
コーポレートコミュニケーション部
TEL : 072-455-2201

閲覧にはAdobe® Reader®が必要です。お持ちでない方は「Adobe®のサイト 新しいウィンドウで開きます。」から無料で配布されておりますので、そちらからダウンロードし、ご利用ください。