ホーム > ニュースリリース > 2016年 > 静岡県磐田市でのスマートアグリカルチャー事業の開始について

ニュースリリース 2016年

2016年04月05日

富士通株式会社
オリックス株式会社
株式会社増田採種場

静岡県磐田市でのスマートアグリカルチャー事業の開始について
「株式会社スマートアグリカルチャー磐田」を設立

 富士通株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:田中達也、以下 富士通)、オリックス株式会社(本社:東京都港区、代表執行役社長:井上亮、以下 オリックス)、株式会社増田採種場(本社:静岡県磐田市、代表取締役:増田寛之、以下 増田採種場)は、農業を基点とした地方創生の実現に向け、静岡県磐田市に、「株式会社スマートアグリカルチャー磐田」(以下、スマートアグリカルチャー磐田)を4月1日に設立し、スマートアグリカルチャー(注1)事業を開始します。
 「スマートアグリカルチャー磐田」は、株主3社の専門性に加えて、磐田市、種苗会社、農業生産者、流通・食品加工会社、学術機関、農業機械・資材メーカーなど、業種・業態を越えたパートナー企業・団体の知見を融合させ、食・農全体のバリューチェーン(種苗〜生産〜加工・出荷〜販売など)において新たなビジネスモデルの共創を図り、強い農業づくりを実現していきます。

【 「スマートアグリカルチャー磐田」の概要 】
1. 会社名
株式会社スマートアグリカルチャー磐田
英文:Smart Agriculture IWATA Co, ltd
愛称:SAC iWATA(サークイワタ)

2. 設立日
2016年4月1日

3. 本店所在地および事業地
(1)本店所在地
  静岡県磐田市中泉
(2)事業用地
  静岡県磐田市高見丘(事業面積 約7.5ha)
  静岡県磐田市東原(事業面積 約1.0ha)

4. 資本金および株主構成
(1)資本金
  100百万円
(2)株主構成
  富士通   51%
  オリックス 39%
  増田採種場 10%

5. 役員構成および従業員

(1)役員構成
代表取締役社長
代表取締役専務
取締役
監査役


須藤 毅(富士通)
伊藤 勝敏(富士通)
倉科 正幸(オリックス)
大高 仁(富士通)
小島 克彦(オリックス)

(2)従業員数(4月1日時点)
  15名(出向者3名、地域雇用12名)

6. 施設概要




図.事業レイアウト図(計画)




7. 今後のスケジュール (高見丘地区)

施設着工
施設完成
栽培開始

: 2016年4月
: 2016年内予定
: 施設完成後、順次

8. 主なビジネスモデル
(1)市場のニーズに適合した商品の提供を行うマーケットイン型の生産・加工事業
(2)種苗会社や農業生産者の自然環境や市場変化に適合した事業(安定品質・安定コスト・安定生産)
  の実現を支えるインフラアウトソーシング事業
(3)日本の強みである種苗事業の高付加価値化を実現し、日本の農業に新たなライセンスビジネスを
  もたらす種苗ライセンス事業

9. 主なパートナー企業(50音順、4月1日時点)
  ・農業生産者:アグリ・ベリー、グロー、宮本農園
  ・種苗メーカー:アサヒ農園、ベルグアース、横浜植木
  ・農業コンサルティング会社:アグリコネクト、アグリコンサルティング

【 関連リンク 】
  静岡県磐田市でスマートアグリカルチャー事業の立上げ検討で基本合意
  (2015年3月26日プレスリリース):
  http://www.orix.co.jp/grp/news/2015/150326_ORIXJ1.html
  
【 商標について 】
  記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

【 注釈 】
 (注1) スマートアグリカルチャー:
     ICT/テクノロジーを利用した農業技術のこと。農作物の育成工程にセンサーやビッグデータ
     などのICTを活用して、生産性や品質を高める。基本となる栽培環境はハウス栽培で、環境
     制御を行うことで季節や天候、場所に左右されずに農作物にとって理想的な環境を作り出す。

<お問い合わせ先>

【本サービスに関するお問合わせ先】
富士通株式会社 富士通コンタクトライン TEL : 0120-933-200
受付時間: 9時〜17時30分(土曜日・日曜日・祝日・年末年始を除く)
オリックス株式会社 グループ広報部 TEL : 03-3435-3167
株式会社増田採種場 広報窓口 TEL : 0538-35-8822

閲覧にはAdobe® Reader®が必要です。お持ちでない方は「Adobe®のサイト 新しいウィンドウで開きます。」から無料で配布されておりますので、そちらからダウンロードし、ご利用ください。