ホーム > ニュースリリース > 2015年 > 関西・大阪(伊丹)両空港の特定空港運営事業等における新運営会社の設立および実施契約の締結について

ニュースリリース 2015年

2015年12月15日

オリックス株式会社
VINCI Airports S.A.S.

関西・大阪(伊丹)両空港の特定空港運営事業等における新運営会社の設立および実施契約の締結について

 オリックス株式会社(本社:東京都港区、社長:井上 亮)およびVINCI Airports S.A.S.(本社:フランス、社長:ニコラ・ノートバール、以下「ヴァンシ・エアポート」)は、「関西国際空港及び大阪国際空港特定空港運営事業等」(以下「本事業」)における運営権者として「関西エアポート株式会社」(以下「関西エアポート」)を設立し、2015年12月15日付けで新関西国際空港株式会社(本社:大阪府泉佐野市、社長:安藤 圭一、以下「NKIAC」)との間で「関西国際空港及び大阪国際空港特定空港運営事業等 公共施設等運営権実施契約」(以下「実施契約」)を締結しましたので、お知らせします。

 関西エアポートは、関西地域に確固とした基盤を持つオリックスと、ポルトガル、カンボジア、フランス、チリなど、世界各地で優れた空港運営実績を持つヴァンシ・エアポートの相互補完的なパートナーシップにより設立されました。本事業の開始時点では、オリックスとヴァンシ・エアポートがそれぞれ関西エアポートの株式40%を保有し、関西地域を拠点とする企業や金融機関が中心に20%を保有します。

 関西エアポートは、大阪に本社を置き、代表取締役社長にはオリックスの山谷 佳之、代表取締役副社長にはヴァンシ・エアポートのエマヌエル・ムノントが就任し、共同で経営を行います。

 関西エアポートによる本事業の開始は2016年4月1日に予定されています。それまでの間、関西エアポートは、新関西国際空港株式会社、両空港の従業員、提携企業、および地域コミュニティと密に連絡と情報交換を行っていきます。

 関西エアポートは、関西・大阪両国際空港の安全とセキュリティを常に最優先しつつ、適切な投資と効率的な運営によって国内外からの空港利用者へのサービスを強化し、両空港の可能性を最大限に引き出し、地域コミュニティへ貢献することを目標としています。

1.関西エアポートの概要

 (1) 名称  関西エアポート株式会社
 (英文名称:Kansai Airports)
 (2) 所在地  大阪府大阪市西区西本町一丁目4番1号
 (3) 会社形態  監査等委員会設置会社(注1)
 (4) 代表者の役職・
     氏名
 代表取締役社長  山谷 佳之
 代表取締役副社長 エマヌエル・ムノント
 (5) 事業内容  関西国際空港および大阪国際空港の運営業務、管理受託業務等
 (6) 資本金  1,250百万円(注2)
 (7) 設立年月日  2015年12月1日
 (8) 決算期  9月末日(注3)
 (9) 純資産  2,500百万円(注2)
 (10) 総資産  2,500百万円(注2)
 (11) 出資比率  オリックス50%、ヴァンシ・エアポート50%(注2)

(注1) 関西エアポートは、日本法に準拠して設立された監査等委員会を設置する株式会社(監査等委員会設置会社)であり、株式譲渡に関して取締役会による承認を条件とする譲渡制限会社です。本事業の開始時点において、取締役は9名(内、社外取締役7名)で構成し、3名の社外取締役は監査等委員を兼務する予定です。なお、現時点で、社外取締役に就任する予定者は以下の通りです。
 宮内 義彦(オリックス潟Vニア・チェアマン)
 西名 弘明(オリックス且キ行役副会長・グループ関西代表)
 ザビエ・ウリア (会長兼CEO, ヴァンシ)
 ピエール・コピ (COO, ヴァンシ, コンセッション担当)
 ニコラ・ノートバール(ヴァンシ・エアポート社長兼CEO)
(注2) 本事業の開始までに、オリックスおよびヴァンシ・エアポート、ならびにその他の出資者に対する第三者割当による新株発行により、増資する予定です。
(注3) 関西エアポートの決算期は、事業初年度は9月末日とし、次年度以降は3月末日に変更する予定です。

2.実施契約の内容等
(1)本事業の概要
 本事業の事業期間は、2016年4月1日から2060年3月31日までの44年間を予定しています。本事業においては、NKIACおよび関西国際空港土地保有株式会社が空港用地および施設の所有を継続し、関西エアポートは、NKIACより「民間資金等の活用による公共施設等の整備等の促進に関する法律」に基づく公共施設等運営権の設定を受けて、関西国際空港および大阪国際空港のそれぞれについて航空系事業(滑走路等の運営・維持管理)および非航空系事業(ターミナルビル等の運営・維持管理)双方の運営を行い、本事業からの損益は原則として関西エアポートに帰属することになります。ただし、航空管制業務、税関・出入国管理・検疫業務およびNKIACが行う鉄道事業は関西エアポートの事業の対象外となります。

(2)契約の当事者
 新関西国際空港株式会社および関西エアポート株式会社

(3)契約締結日
 2015年12月15日

(4)契約期間
 2015年12月15日から2060年3月31日

(5)本事業の開始予定日
 2016年4月1日

2015年12月15日 記者会見資料
 「関西国際空港及び大阪国際空港特定空港運営事業等 実施契約について」PDF文書を開きます。 [838KB]

<本件に関するお問い合わせ先>

オリックス株式会社 グループ広報部
似内・堀井 TEL : 03-3435-3167
ヴァンシ・エアポート広報代理 エデルマン・ジャパン株式会社
加藤・佐藤 TEL : 03-4360-9000

閲覧にはAdobe® Reader®が必要です。お持ちでない方は「Adobe®のサイト 新しいウィンドウで開きます。」から無料で配布されておりますので、そちらからダウンロードし、ご利用ください。